ENTREPRENEURAL EXPRIENCE起業体験プログラム

起業したり個人事業主として
働いたりする卒業生も増えてきました

「起業体験プログラム」は、「28project」の一環として、高等部1・2年生が文化祭を通じて取り組む学習プログラムです。9月に実施する「白ばら祭」に向けての準備は4月から始まり、生徒による模擬店は「株式会社」として「起業」、クラス単位で「株式会社」として取り組みます。実際に社会で活躍する方々の協力を得て行われるプロセスすべてが学習機会となっています。

各クラスが「株式会社」を設立する際には、会社設立の理念や社会貢献性なども問われます。その後、事業計画の提出、会社の登記(校内)、会社の理念や損益についてのプレゼンテーション、文化祭当日の販売を経て、最後は株主総会を開催して会社を解散します。このような経験をした生徒たちは、将来、働き方を考えたり、家庭と仕事の両立を考えたりする時に「起業」という選択肢が視野に入ると考えております。

  • 4月|事業計画の立案・企画書作成

  • 5月|事業計画書作成

  • 6月|出資を募るプレゼンテーション

  • 7・8月|具体的な準備開始

  • 9月|白ばら祭本番・株主総会開催