HISTORY歴史

社会で活躍する女性を育てたい――
1925年の創立時から変わらぬ、建学の精神

創立は1925年(大正14年)。衆議院議員、全国町村長会会長を務めた漆 昌巌 品川町長の娘、漆 雅子によって「荏原女子技芸伝習所」として設立されました。女性に参政権がなく、高等教育を受ける女性もまだ一部という時代に「日本の社会も必ず女性が活躍できる時代が来る。その時に備えて、社会に参画できる能力が身につく教育をし、世の中に貢献できる女性を育てよう」という理想のもと、学校をスタートさせました。
1929年(昭和4年)には品川高等女学校となり、与謝野晶子作詞による校歌もできました。

漆昌巌         漆雅子

当時の授業のようす

当時の校舎

HISTORY

01

品川女子学院のあゆみ

1925年(大正14年)

● 権現山公園(現在品川区立品川学園校庭)に荏原女子技芸伝習所を開設。

1926年(大正15年)

● 同所に荏原女学校設立。漆雅子が理事長。清浦錬子が校長(初代)に就任。

1929 年(昭和 4 年)

● 財団法人品川高等女学校設立。現校地(旧品川小学校)に品川高等女学校開校。

1947年(昭和22年)

● 学制改革により品川中学校設置。

1948年(昭和23年)

● 学制改革により品川高等学校設置。

1951年(昭和26年)

● 学校法人品川高等学校に組織変更。

1990 年(平成 2 年)

● 新制服制定。

1991 年(平成 3 年)

● 校名を「品川女子学院」に変更。6ヵ年一貫教育スタート。

1994 年(平成 6 年)

● 西棟新校舎完成。

1996 年(平成 8 年)

● 東棟新校舎完成。

2003年(平成15年)

● 「28project」スタート。

2004年(平成16年)

● 中高完全一貫制スタート。留学生受け入れプログラム開始。

2006年(平成18年)

● 漆紫穂子、校長に就任。

2014年(平成26年)

● 文部科学省スーパー・グローバル・ハイスクール指定。

2015年(平成27年)

● 創立90周年記念式典挙行。

2017年(平成29年)

● 漆紫穂子、第4代理事長に就任(中等部校長兼務)。

● 仙田直人、高等部校長(第7代)に就任。

2018年(平成30年)

● 仙田直人、中等部校長(第7代)に就任(高等部校長兼務)。

HISTORY

02

校歌

当時の理事長 漆(うるし)光(こう)が、昭和10年、与謝野晶子に校歌の歌詞を依頼しに荻窪の与謝野邸を訪れました。初対面でしたが、与謝野 晶子の長男の名前が「光(ひかる)」であったことから「私にもあなたと同じ名前の息子がいるんですよ」と親しく迎えられ、作詞を快諾してもらったそうです。本校の校歌はこうして生まれ、同年3月6日、歌詞は与謝野晶子本人から学校に届けられました。5月12日に校歌発表会が開かれ、作曲者である下總(しもふさ)皖一(かんいち)が指揮しました。

今でも三大行事のフィナーレは全校生徒が大きな声で歌っています。

作詞:与謝野 晶子 作曲:下總 皖一