CONNECTION WITH ALMA MATER母校とのつながり

卒業してからのつきあいのほうが
実は長いのです

卒業後は、成人を祝う会(20歳)、就職情報交換会(21歳)、ホームカミングデー(28歳)が開催されています。そのほか、部活動の後輩のイベント手伝い、就職が決まった報告、結婚式のお祝いメッセージの撮影など、多くの卒業生が節目節目に来校し、卒業後も「品川ファミリー」として母校とつながっていきます。

CONNECTION WITH ALMA MATER

01

成人を祝う会
−20歳−

地元の成人式に参列したあと、晴れ着で品川女子学院に集合。教員から、成人した卒業生へ祝いのことばが送られます。当時の担任も参加し、一緒に写真を撮影したり、久しぶりに会うクラスメイトと思い出話に花を咲かせるなど、美しく華やかに着飾った姿での同窓会を楽しみにするOGも多いようです。

CONNECTION WITH ALMA MATER

02

白ばら就職情報交換会
−21歳−

就職活動に奔走する卒業生を対象に開催。20代の卒業生によるパネルディスカッションや個別相談の時間、学校長からは「品女軸」を再認識するメッセージが送られます。また、「お父さんの会」の協力で模擬面接も実施。就職活動のノウハウや情報のみならず、品川女子学院の6年間で培った自分の良さや自己を再確認するメンタル面をフォローし、「品川ファミリー」で卒業生を応援するイベントです。

CONNECTION WITH ALMA MATER

03

ホームカミングデー
−28歳−

「28project」の集大成として、卒業した10年後に再会し現状報告と確認をお互いにするイベントです。子どもを連れて参加するOG、起業して仕事をバリバリとこなし社会で活躍するOGと、多種多様の人生を歩む28歳の女性たちが集まります。当時の教員が在職しているのも私学ならでは。お世話になった担任ともう一度、6年時のホームルームを再現し、当時を懐かしむ卒業生もいるようです。

TOPICS

|同窓会~芳葉会~|

卒業すると卒業生の組織「芳葉会」の会員となります。総会は年に一度開かれ、役員・会員が集まります。春のティーパーティー・冬のクリスマスパーティーは、校外のレストランやパーティールームへ年代を超えた卒業生が集まります。懇親をしながら品川女子学院OGとしてタテのつながりを深め、学校の思い出を話したり、仕事の情報交換をしたりしています。通常の同窓会は校内のカフェテリアや学校外で有志が企画して開かれます。