PRODUCED BY 品川女子学院
百代の過客

学校に通える日

緊急事態宣言が解除され、本校でも学校の一部再開に踏み切りました。

 

まずは1年生。待ちに待った登校が他の学年より少しでも早くできるように、5月30日(土)を最初の登校日としました。一クラスごとの登校とはなりましたが、5月中なのでキャメルの制服を着て登校する初々しい姿が見られました。
私も全クラスで挨拶をさせて貰いました。延期している入学式ができることを約束し、クラスごとに自撮りまでしてしまいました。いつか、マスク姿ではない形でクラス写真が撮れる日が来ることを祈っています。
6月1日(月)からは、到達度テストを全学年が分散登校の形態で実施しました。在校生がリモート授業で行った学習が、どの程度到達しているかを測るためのものです。自分自身でも学習の進みや遅れを認識することができ、次の学習につながると考えます。

そして、6月第2週からは1年生と6年生が分散登校する形態での授業を開始しました。1年生が玄関で「おはようございます!」と嬉しそうな声で挨拶をしてくれるのは、少しでも授業が再開できて良かったと思っています。

6年生とは、5年生の時に終わっていなかった約30名の生徒と面談をしました。「STAY HOME」について聞くと、メリットの感想もありましたが、多くは友達と会えて、モチベーションが高まったと話してくれました。コロナ禍の上に、初めての新共通テストの形態での大学受験に立ち向かわなければならないことは大変だと思いますが、自分をしっかり持って頑張って欲しいです。私も新共通テスト対策の夏期講習を実施し、少しでも6年生の力になればと考えています。

早く全学年が登校できる日が来ることを心から望んでいます。

2020.6.11 [百代の過客]