PRODUCED BY 品川女子学院
百代の過客

特別講座「歴史の問題集を楽しくする!!」

今年度も、(株)山川出版社と連携した特別講座を実施します。第1回は、4・5年生対象で、7月13日(月)に行いました。今回は、9月3日(木)に実施した第2回の様子を報告します。

私は、山川出版社の教科書や問題集、街歩きの本などの執筆を数多く行ってきました。特に、昨年には今年度から始まる大学入学共通テスト用の問題集も出版したところです。しかしながら、世の中の流れは、冊子になっている問題集を使っての学習から、ICTとそのアプリを使った学習へと変化してきています。そこで、昨年の特別講座で現6年生から多くの問題集への意見を出して貰ったことを踏まえ、今年度は品川女子の生徒の意見による問題集の具現化を目指しています。

 

 

今回は、問題集(解説書)+アプリの企画を実現させるための具体案を提示し合いました。4チームに分かれて、紙媒体の問題集における大きさ・ページ数・値段・色数、アプリ機能としての収録コンテンツ・サポート機能・エンタメ機能などの案ををそれぞれが出し合い、それらを踏まえてチームごとに企画書作りを行いました。私も一部の生徒の案を聞かせて貰いましたが、面白い考えが幾つもありました。

これからは、あと2回の講座の中で、ICTに長けた女子高生のニーズに合う問題集の具現化を図っていきたいと思っています。「歴史の授業は暗記ばかりで面白くない!」と常々言われてきました。今回の問題集とアプリは、その既成概念を破り、新世代が共感する問題集となることを確信しています。

皆さん!乞うご期待下さい。

2020.9.07 [百代の過客]