PRODUCED BY 品川女子学院
百代の過客

B棟建設に着手

 

12月16日(水)、建築委員会のメンバーで、清水建設の方の解説の下、B棟建設の工事現場の視察を行いました。


想い出が一杯詰まった西棟の解体工事が、無事終了しました。解体工事に際しての騒音に関しては、地域の方々にもご理解頂き、有り難うございました。この西棟跡地に、これからB棟が建てられます。第二体育館のあった地下はとても深く、またこの深さをうまく活用して建てる工夫が各所に施されています。視察では、この深い底面にコンクリートが貼られている様子を見ることができました。今後は、タワークレーンを導入して、安全で迅速な作業を行うとのことでした。

 

工事現場に掲げられた「品川女子で全工期無災害と最高品質を築きあげよう!!」の看板には、本校建設に対する熱い思いが感じられ、作業員の方々には安全に作業を進めて頂きたいと改めて思いました。

 

建設現場角には、作業に関わる部材で作られたクリスマスツリーがあります。

 

夕方には、点灯しますので、可愛らしいライトアップ姿も是非見て下さい。その際、横に貼られたプレートには、何の部材を使ったかが説明されていますので、お見逃しなく。

2022年度には、新しいB棟の姿が見られると思いますので、楽しみにしていて下さい。そして、今度も一杯の想い出を作ることを期待しています。また、建設に関わる全ての方々の安全を心から祈ってやみません。

2020.12.19 [百代の過客]