PRODUCED BY 品川女子学院
百代の過客

今年度唯一の校外学習

3月26日、1学年の校外学習を日帰りではありますが、快晴の中、実施することが出来ました。

今回の校外学習はSDGsを念頭に置いたもので、フィールドとなったのは、千葉県木更津の『KURKKU FIELDS/クルックフィールズ』です。

途中休憩した海ほたるパーキングエリアに、本校以外の観光バスの姿が見えない状況でしたが、無事実施することが出来ました。バスの中でのレクリエーションが無い我慢の行程でしたが、初めての校外学習に臨む1年生は、誰もが嬉しそうでした。このような課外活動を望んでいたことが伝わり、実施して良かったと実感した次第です。

現地では、「再生可能エネルギー」「フードロス」「有機農業と地球温暖化」「獣害と地域」「水生物と多様性」「生産と消費」の6テーマに分かれて学習を行いました。クルックフィールズは、自然の恵みとサスティナブル(持続可能な)活動を体感できる場所で、青空の下、生徒のSDGsへの関心も高まることが出来ました。密を避けながら昼食のカレーを頬張った後、午後には研修場所に移って、振り返りのプレゼンを行いました。1年間で成長したITCの技術を使っての発表は、将来に楽しみを感じました。

帰りのバスの中では、1年Fクラスの皆さんから花までプレゼントして貰い、私にとっても忘れられない嬉しい一日となりました。

2021.3.31 [百代の過客]