MIDDLE SCHOOL 28 project中学の28project

18歳だけでなく、28歳もゴールとして
ライフデザインを考えます

品川女子学院では、仕事のキャリアを積んで社会に貢献できる頃、またプライベートでは結婚や出産に向き合う年齢を28歳と仮に設定して、ライフデザインを考えます。
「28project」は、生徒が28歳の自分を思い描き、それを実現するためには何が必要か、どう行動すべきかを模索し、理想とする未来に向かっていくプロジェクト。能動的に人生を設計できるようにさまざまな取り組みを実践しています。

MIDDLE SCHOOL 28 project

01

地域を知る|1年生

1年生は「地域を知る活動」からスタート。旧東海道の第一宿場としての古い歴史を持ち、一方で駅周辺の再開発が進む街の過去・現在・未来を、取材やインタビューを通じて明らかにしていきます。「地域を知る」ことに加え、地域の「見どころマップ」を編集したり、紹介CMを制作したりアウトプットにも挑戦します。

学校前の歩道の清掃や花壇の植栽を行い、周囲の人々から歓迎される行動を通して、地域貢献への動機づけとし、徐々に社会性を高めていきます。

MIDDLE SCHOOL 28 project

02

日本を知る|2年生

「他者」の範囲を広げるためには、まず自分の源流に誇りを持ち、自らの立ち位置をしっかり固めておくことが大切です。2年生では「日本を知る」プログラムとして、宿泊行事を行っています。

「一人で着られるようになる」を目標にしたゆかたの着付け、遠州流の茶道、草月流の華道を学び、能楽など伝統芸能の精神世界と美意識に触れ、日本文化への理解と知識を深めていきます。

MIDDLE SCHOOL 28 project

03

世界を知る|3年生

「世界を知る」には2つの意味があります。ひとつは地理的な世界で、異文化を知り、語学学習の動機づけとして全員参加のニュージーランド修学旅行を実施しています。8日間コースと3週間のロングステイコースがあり、毎年9割以上の生徒が後者を選択。ホームステイしながら現地校に通い、「世界」を体感してきます。もうひとつは「仕事」という世界です。協力企業とコラボレーションして商品やサービスを開発したり宣伝広報活動を行ったり、実社会における仕事を認識していきます。

TOPICS

|日本文化への理解|

日本で中高時代を過ごした国際人として、豊かな将来に向けて日本文化の種を蒔く活動です。家庭ではなかなかできない体験を通して、作法だけでなく心も学びます。女子校ならではのプログラムです。

■1年生

道徳の授業では「礼法」も学び、相手を大切に思う「こころ」を基底にしています。時・場・状況に応じた自然なふるまいが大切であるという「時宜によるべし」の教えをもとに、相手を大切に思う気持ちを形にできるよう学びます。「かたち」は時代によってさまざまに変化しますが、相手を大切に思い気持ちを伝えられるふるまいは変わりません。学んだことを2年生での「日本を知る」活動につなげます。

■2年生

学年テーマが「日本を知る」です。道徳や総合学習、文化祭の展示発表、夏の宿泊行事や秋の校外学習など、さまざまな日本を知る活動が行われます。ゆかたの着付け・茶道・華道・田植え体験・鎌倉散策・宿泊行事、能楽など、「日本を知る」プログラムが詰まった1年間です。

「ゆかたの着付け」
遠州流「茶道」
草月流「華道」