PRODUCED BY 品川女子学院
百代の過客

コロナ禍での「白ばら祭」

9月20日(日)・21日(月)、令和2年度の白ばら祭を実施しました。 多くの学校で文化祭が中止となる中、生徒と教員で密を防ぐ工夫を出し合い、時間限定で保護者にも来ていただき、無事実施することができました。   19日(土)の準備日には、在校時間に制限のある中等部生のために、舞台発表の生徒観覧時間を設けました。ダンス部やバトン部は、熱中症対策をとって、全員マスクをしての演技を行う工夫が見られる中、初めてステージ発表を真剣に見入っていた1年生の姿が印象的でした。 1日目では、起業体験を中心に見学しました。入場者数が1万人ある例年と違うことから、仕入れ数などに苦労が見られましたが、どのクラスも起業理念に則り、いつものように考えられた商品や体験が幾つも見られました。今年初めての企画として新設された、C棟のダンススタジオを使ってのCBLのポスターセッションは、どの発表も充実したものでした。課題解決に向けての資料活用も上手に行っており、今後の外部大会での活躍が期待されます。 1日目の後半から2日目にかけては、C棟を中心に見学しました。中等部の発表は毎年レベルが上がっており、起業体験に繋がる発表が多かったです。個々の説明に関しても、何も見ずにすべて案内してくれる素晴らしいプレゼンターがいて、将来に楽しみを感じました。 また、多くのクラブも頑張っていました。ECCでは、1年生から5年生までの英語によるプレゼンが行われ、自分を発信する力が徐々に備わっている姿が感じとれました。このような積み重ねが国際交流が再開された後、きっと活きてくると確信します。 「女川グルメデスマッチ」に私も出演したインターアクト部では、女川の鯨と牡蠣の缶詰を購入し、晩ご飯の際のおつまみとして、美味しく頂きました(最高でした!)。 体育館や講堂での吹奏楽部は、私の知っている懐かしいメロディーを奏でてくれ、心が和んだ次第です。それ以外にも多くのクラブ発表を見せて貰い、厳しい制約の中でもその成果を発信する姿に頼もしさを感じました。 今年の企画には健康志向の企画が多く、私も初めてマインドフルネス体験を行い、新しい万歩計アプリまで手にを入れました。パプリカも頑張って踊りました。しかしながら、C棟で行った体力測定が散々な結果だったので、これを機に、健康な身体作りを実践しようと思います。 「千祭一遇」をテーマに頑張った生徒の皆さん、それを支えた文化祭実行委員の皆さん、本当にお疲れ様でした!!  追伸 綺麗な女性が描かれたTシャツが似合うか心配です。

READ MORE
百代の過客

東京消防庁からの感謝状

9月14日(月)、品川消防署の方2名が来校なされました。 本校は、教職員に対してAEDを使った救命講習を毎年実施しています。そのことが救急行政の推進に協力していると評価され、救急の日(9月9日)に当たって、東京消防庁品川消防署長からの感謝状が贈られる事となりました。   当日は警防課長の佐々木様がお見えになり、本校への感謝状贈呈が行われました。学校現場ではAEDを使う状況が発生することが予想されます。学校としても、生徒などの安全を図るためにも、この研修を継続させていきたいと考えております。 ところで、本校ではどこにAEDが設置されているのでしょう。一つは保健室近くのトイレの脇に、もう一つは今年新築されたC棟1階ダンススタジオのエレベーター横にあります。校内において、AEDが必要となるような状況が発生した場合には、この場所から持って行けるように、生徒の皆さんは覚えておいて下さい。

READ MORE
百代の過客

特別講座「歴史の問題集を楽しくする!!」

今年度も、(株)山川出版社と連携した特別講座を実施します。第1回は、4・5年生対象で、7月13日(月)に行いました。今回は、9月3日(木)に実施した第2回の様子を報告します。 私は、山川出版社の教科書や問題集、街歩きの本などの執筆を数多く行ってきました。特に、昨年には今年度から始まる大学入学共通テスト用の問題集も出版したところです。しかしながら、世の中の流れは、冊子になっている問題集を使っての学習から、ICTとそのアプリを使った学習へと変化してきています。そこで、昨年の特別講座で現6年生から多くの問題集への意見を出して貰ったことを踏まえ、今年度は品川女子の生徒の意見による問題集の具現化を目指しています。     今回は、問題集(解説書)+アプリの企画を実現させるための具体案を提示し合いました。4チームに分かれて、紙媒体の問題集における大きさ・ページ数・値段・色数、アプリ機能としての収録コンテンツ・サポート機能・エンタメ機能などの案ををそれぞれが出し合い、それらを踏まえてチームごとに企画書作りを行いました。私も一部の生徒の案を聞かせて貰いましたが、面白い考えが幾つもありました。 これからは、あと2回の講座の中で、ICTに長けた女子高生のニーズに合う問題集の具現化を図っていきたいと思っています。「歴史の授業は暗記ばかりで面白くない!」と常々言われてきました。今回の問題集とアプリは、その既成概念を破り、新世代が共感する問題集となることを確信しています。 皆さん!乞うご期待下さい。

READ MORE
百代の過客

勉強合宿(5年)と夏期講習(6年)

コロナ禍の中、5年生で実施している勉強合宿は、8月22日(土)~26日(水)の日程で、学校への通い合宿の形で行いました。 朝早くから20時までの長い一日を使って、勉強漬けになる体験はきっと来年度に生きてくると思います。昼は持参したお弁当を食べ、夕方はカフェテリアのお弁当です。いつもより厳しい状況の中、密を避けながら勉強に取り組んでいる姿に、後押ししたくなりました。   そこで私は、8月25日の夕食時に暑さを少しでも和らげるアイスクリームを差し入れしました。参加した生徒の皆さんにはとても喜ばれ、「あと一日頑張って」の声援を送りました。ナイス、ファイト! また、8月28日(木)~31日(月)にかけて、6年生対象に「大学共通テスト対策の講習」を実施しました。60名近い生徒が受講して貰い、気合いが入りました。私は昨年『大学共通テスト日本史トレーニング問題集』を出版しており、解き方やヒント、出題動向を踏まえた、新テストの最前線対策です。講習では、生徒達のやる気が伝わってきたため、私が作成したパワーポイントのシート数も120枚に及びました。この講習をきっかけに、更に学習の進歩を図って貰いたいと思います、頑張れ、6年生!

READ MORE
百代の過客

ダンス部、頑張りました!

今年のダンススタジアムが例年とは違い予選がビデオ審査になる中、本校ダンス部は見事決勝進出を決めました。 C そこで、暑い最中にも関わらず、練習に励んでいるダンス部員を激励しました。生徒達は、今年度できたC棟のダンス場で、3密にならない工夫をしながら頑張っていました。頑張ってきて欲しい願いを込めて一緒に写真を撮りました。 8月19日(水)、パシフィコ横浜で行われた決勝戦では見事7位入賞となり、審査員特別賞を頂きました。3年連続7回目の決勝進出の中、一番の成績とのことです。私は別の出張があり会場には行けませんでしたが、テレビの配信動画で見た「ミノムシ」をテーマとした演技は、コミカルな中に格好良さが加わって感動しました。頑張りましたね! ダンスタの無料動画配信が行われていますので、本校ダンス部の最高のパフォーマンスを、皆さんも是非一度ご覧になってください。

READ MORE
百代の過客

夏休みを振り返ってー本との出会いー

久しくブログを書いておらず、申し訳ありません。夏期休業中の件をいくつか書き込みます。 本校は7月18日に1学期の終業式を実施し、年度当初の計画通りの夏休みとなりました。私は、終業式の話で、京都大学の准教授で、投資家や経営コンサルタントの顔も持つ瀧本哲史さんを取り上げました。瀧本さんは京都大学で起業論を教えるなど、本校にとっても興味をひかれる存在でした。しかしながら、大変残念なことに昨年47歳の若さで他界されてしまいました。   彼の著書の『2020年6月30日にまたここで会おう』は、2012年6月30日に10代・20代向けに行った、東京大学のホールでの講演を収録したものです。 「本を読んで終わり、人の話を聞いて終わりではなく、行動せよ」 「自分の人生は、自分で考えて、自分で決める。そのためにリベラルアーツがある。」 「仲間を探せ。目的のためにつながれ。」 上記のキーワードを見ても、まさに本校が教育方針として伝えてきたことを問いかける講義内容です。瀧本さんは、この講義を聴いた人がどのように変わったかを知りたくて、本のタイトルどおりの言葉を投げかけたのです。   生徒一人一人も一冊の本や一人の人物との出会いから、思考の変化が生まれます。この本は図書館に入れて貰いました。   また、『ミライの授業』という瀧本さんの本もありますので、興味のある人は合わせて読んでください。   最後に、生徒達がこの夏休みに、自分の感性に合う良い本と出会ったことを信じています。

READ MORE
百代の過客

全校再会(再開)

6月22日(月)から全校生徒の登校が開始となりました。学校が再開され、1年生から6年生までがそろって再会しました。 当日はあいにくの雨の朝となりましたが、1年生から6年生までの全校生徒の登校が開始されました。朝から学年主任の先生方を中心に玄関前に立ち、生徒たちを迎えました。 学校としても生徒を迎えるにあたり、清掃や消毒についての体制も整えました。業者による清掃回数を増やし、共用部分や机などの消毒も毎日最低1回は教員が行います。手洗いやトイレでの密を防ぐためにも、受験を控える6年生以外は45分授業とし、15分の休憩時間をとることにしています。 また、期末試験も迫っています。到達度テストで振るわなかった生徒への補習も既に開始しています。本校では、リモート授業を行っており、進度が遅れている生徒には補習などで対応しつつ、夏期休業期間中の講習も確保して、受験や発展学習への対応を進めていく方向です。 同時に、制限付きではありますが、待ちに待ったクラブ活動も始まりました。新校舎を使っての活動ができて良かったと思っています。それに伴い、1年生のクラブ活動見学も始まりました。1週間と短い期間ですが、自分を輝かすことができるクラブ活動を見つけてほしいと思います。今年度の学校行事については、コロナ禍の収束状況を見極めて、次の方向性を示していきたいと考えています。 新しいC棟の校舎もすべての高等部生徒を初めて迎え、活気が感じられる日となりました。今後も、状況を的確に判断しながら、学校生活を日常に戻していきたいと思います。但し、継続して感染症対策の意識付けと実践を進めることも行っていきます。みんなで、新しい生活様式を身につけていきましょう。       C棟ダンススタジオでの練習開始

READ MORE
百代の過客

オンラインでの起業プレゼンテーション

6月10日(水)、14時30分~16時まで、初めてオンラインでの起業プレゼンテーションが行われました。 9月末に行われる文化祭の実施形態は、この先が不透明なため、何ともいえない状況です。そのような中で、各クラスがいつもと変わらず理念を共有し、アイディアを出し合って出された企画は社会課題を解決したいとの意識が見てとれました。難しいかと思われた企業との連携もしっかり行っており、考えた商品についての説明のプレゼンテーションは、とても興味深いものでした。   オンラインでのプレゼンテーションには、キーノートの機能を駆使しての見せ方や聴衆がいない中での話し方など、普段とは違う大変な点があったと思います。そのような中で、文化祭の開催形態が違った場合のことも念頭に置いて説明するなど、リスクマネージメントが働いている説明にも驚かされました。 また、サポート委員の方からは、オンラインにもかかわらず適切なご意見を数多く頂戴したことに、大変感謝しています。 世の中の状況が早く改善され、起業体験の取組がなるべく良い形でできることを心から願ってやみません。

READ MORE
百代の過客

学校に通える日

緊急事態宣言が解除され、本校でも学校の一部再開に踏み切りました。   まずは1年生。待ちに待った登校が他の学年より少しでも早くできるように、5月30日(土)を最初の登校日としました。一クラスごとの登校とはなりましたが、5月中なのでキャメルの制服を着て登校する初々しい姿が見られました。私も全クラスで挨拶をさせて貰いました。延期している入学式ができることを約束し、クラスごとに自撮りまでしてしまいました。いつか、マスク姿ではない形でクラス写真が撮れる日が来ることを祈っています。6月1日(月)からは、到達度テストを全学年が分散登校の形態で実施しました。在校生がリモート授業で行った学習が、どの程度到達しているかを測るためのものです。自分自身でも学習の進みや遅れを認識することができ、次の学習につながると考えます。 そして、6月第2週からは1年生と6年生が分散登校する形態での授業を開始しました。1年生が玄関で「おはようございます!」と嬉しそうな声で挨拶をしてくれるのは、少しでも授業が再開できて良かったと思っています。 6年生とは、5年生の時に終わっていなかった約30名の生徒と面談をしました。「STAY HOME」について聞くと、メリットの感想もありましたが、多くは友達と会えて、モチベーションが高まったと話してくれました。コロナ禍の上に、初めての新共通テストの形態での大学受験に立ち向かわなければならないことは大変だと思いますが、自分をしっかり持って頑張って欲しいです。私も新共通テスト対策の夏期講習を実施し、少しでも6年生の力になればと考えています。 早く全学年が登校できる日が来ることを心から望んでいます。

READ MORE