PRODUCED BY 品川女子学院
百代の過客

PTA主催の歴史散歩とお父さんの会

PTAの皆様と   10月24日(土)、本格的なカメラマンさんとPTA役員の方々と共に歴史散歩のビデオ撮影を行いました。コロナ禍の中、新しい歴史散歩の形をお見せできると思います。 御殿山公園原六郎像   場所は、本校周辺音の北品川にスポットを当て、7カ所ほど巡ってきました。この北品川は宿場として有名ですが、その他にも歴史的な場所が幾つもあり、教科書や資料集にも掲載されています。そんな知られざる北品川の地を、旅番組のように案内しましたので、乞うご期待下さい。詳細はPTA役員からの連絡をお待ちください。 また、同日今年度最初の「お父さんの会」が本校講堂で開催され、挨拶をさせて貰いました。この日は1年生のお父様限定にも関わらず、78名という大変多くの方の参加がありました。 今年3月、お父さんの会主催の「仙田と歩く歴史散歩」は、残念ながらコロナの影響で中止になってしまいました。今年度、状況に変化が生まれれば、リアルな散歩も密を避けながら実現させたいと思っています。これも乞う期待頂ければ有り難いです。

READ MORE
百代の過客

女性が輝くまち「鯖江」

      めがねの町鯖江   10月22日(木)~23日(金)にかけて、福井県鯖江市を訪問しました。 鯖江市は、国産めがねのシュアが90%以上という「めがねの町」として有名です。しかし近年は、SDGs未来都市を掲げる中、SDGsの目標の5番目にある「ジェンダー平等を実現しよう」を要とした、男女共同参画による女性の活躍推進を打ち出している町です。従って、SDGsのバッチはめがね型になっており、両目の架け橋となる柄の部分には、SGDGs5番のシンボルカラーであるオレンジが配されていました。このバッチには、鯖江の人々の様々な取組が込められていると実感した次第です。 従来のSDGsバッチ 鯖江市のSDGsバッチ Hana道場では、運営チームの代表である竹部美樹さんからのプレゼンがありました。Hana道場とは、子供から大人までが一同に触れあい、「伝統のものづくり」と「最先端のIT」を掛け合わせてイノベーションを起こす場として、様々な実践をされています。その一環として、「子供起業家道場」なども行っており、アントレプレナーシップの育成を掲げる本校にとって、興味深い取組が多かったです。 特に興味を持った取組が、鯖江をフィールドとして、全国の大学生と地元の高校生が協働して取り組む「鯖江市地域活性化プランコンテスト『市長をやりませんか』」です。近年は、「0to1」を生み出すため、デザインシンキングの手法を取り入れているとの説明を受けました。本校も中学1年生からデザインシンキングの手法を学び、その考え方で文化祭や企業コラボ・起業体験プログラムに取り組んできました。このコンテストに本校生徒がいつか参加して、力を発揮することを期待しています。 竹部さんのプレゼン 竹部さんのプレゼン2 そして、鯖江市が全国で注目されるようになった取組に、「JK課」の創設があります。行政内に女子高校生(JK)を取り込み、彼女達の目線で物事を提案していく部署です。創設当初はネーミングまで反対され、その逆風を乗り越えて現在に至っていると、市の担当者の方から伺った話は、とても印象的でした。実際に、JK課の生徒さんからは、オンラインで、今まで提案した内容やこれからの取組をプレゼンしてもらい、有り難かったです。都会の高校生とも話す機会が欲しいとの意見を貰い、本校生徒とミーティングする機会が作れたらと思っています。 JK課のプレゼン JK課の生徒達と JK課の卒業生と市の担当者の方々   そのほか、鯖江で活躍するものづくりの方々とも多くお話ができて、充実した訪問となりました。暖かく迎えてくれた鯖江市の皆様方には心から感謝申し上げます。有り難うございました。

READ MORE
百代の過客

やっと集合写真が撮れました!

10月14日(水)6時間目、1年生の集合写真をやっと撮ることができました。   今の1年生はコロナ禍の中で入学し、制服もほとんど着る機会も無い状況が続いていました。10月に入って冬服着用期間となり、集合写真を撮ることになりました。このように揃ってマスクを外して写真を撮る機会もなく、生徒たちの嬉しそうな顔を印象的でした。ついでに表彰写真を撮るクラスもあり、笑顔がとても印象的でした。「マスクを外したら、喋っちゃいけないよ。」と注意しなくても良い日常が一日も早く戻ってくることを祈るばかりです。   また、10月12日(月)・13日(水)には、1年生による第一京浜沿いの植栽が行われました。   これもコロナの関係で今まで遅れてしまいましたが、無事に学年が協力して植えることができました。本校前の歩道脇には、黄色とオレンジ色のマリーゴールドがとても綺麗に植えられています。あいみょんの「マリーゴールド」でも口すさみながら、眺めてもらえると嬉しいです。

READ MORE
百代の過客

コロナに対応した起業体験プログラム

9月20日(日)・21日(月)に行われた白ばら祭では、起業体験プログラムも工夫しながら、実施しました。そして、22日(火)の株主総会を経て、26日(土)朝、表彰式が無事に行われました。   今年の起業体験プログラムは、コロナ禍の状況のため、企画自体を変更するクラスや商品の仕入れ調整が難しいクラスなど、様々な対応が求められる状況でした。そのような中にもかかわらず、8つのクラスが起業理念に基づいた取組を競い合いました。実際クラスに訪れると、どの教室でも明るい接客を行う品女生が迎えてくれました。 私も実際にZoomで講師の先生から指導を受けたピラティス、ほめかるたを使った家族紹介、今でも使っている歩くアプリなど、様々な体験をさせて貰いました。また、気分がリラックスできる入浴剤や100%オーガニックコットンのTシャツも購入しました。現代人の課題である健康や自己肯定感どに着目した理念のもと、それを具現化する取組がなされていることに素晴らしさを感じました。 総合第3位に輝いた4年Cクラス。私もあまり知らなかった「麹」の世界に導いてもらい、その免疫力の凄さを改めて認識しました。私も麹パウダーを買って、日曜日に早速料理に挑戦!!サラダチキンと麹パウダーを使ったレモンバターソテーは、美味しいうえダイエットにも良さそうな一品となりました。 第2位の5年Eクラスは、レジ袋が話題となっているプラスチックゴミの問題を取り上げました。私が購入したプラで作ったスナックスタックは、御菓子を入れることは勿論のこと、冷凍やレンジにもかけられる良さがあり、息子に取られてしまいました。改めてプラスチックとの付き合い方を考えさせてくれる企画でした。 そして、最優秀賞の4年Dクラス。社長となった生徒の7冊に及ぶメモノートは圧巻で、その中には失敗の原因や成功へのヒントがたくさん隠れていたのが印象的でした。私が買った日本文化を紹介する卓上日めくりカレンダーは、日本が大切にしているマナーを教えてくれる優れもので、机に飾り、毎日楽しませてらせて貰っています。その中にある「自分から言おう『おはよう』」。毎日、玄関で大きな挨拶をしてくれる皆さんに会うことに楽しみにしています!! また、サポート委員の皆様方にもご協力頂き、本当にありがとうございました。サポート委員の方が株主総会のまとめの中で話された、文化祭実施に踏み切った学校に対する感謝の言葉は、とても有り難い限りです。有り難うございました。 最後に、起業体験に関わった皆様、本当にご苦労様でした。

READ MORE
百代の過客

コロナ禍での「白ばら祭」

9月20日(日)・21日(月)、令和2年度の白ばら祭を実施しました。 多くの学校で文化祭が中止となる中、生徒と教員で密を防ぐ工夫を出し合い、時間限定で保護者にも来ていただき、無事実施することができました。   19日(土)の準備日には、在校時間に制限のある中等部生のために、舞台発表の生徒観覧時間を設けました。ダンス部やバトン部は、熱中症対策をとって、全員マスクをしての演技を行う工夫が見られる中、初めてステージ発表を真剣に見入っていた1年生の姿が印象的でした。 1日目では、起業体験を中心に見学しました。入場者数が1万人ある例年と違うことから、仕入れ数などに苦労が見られましたが、どのクラスも起業理念に則り、いつものように考えられた商品や体験が幾つも見られました。今年初めての企画として新設された、C棟のダンススタジオを使ってのCBLのポスターセッションは、どの発表も充実したものでした。課題解決に向けての資料活用も上手に行っており、今後の外部大会での活躍が期待されます。 1日目の後半から2日目にかけては、C棟を中心に見学しました。中等部の発表は毎年レベルが上がっており、起業体験に繋がる発表が多かったです。個々の説明に関しても、何も見ずにすべて案内してくれる素晴らしいプレゼンターがいて、将来に楽しみを感じました。 また、多くのクラブも頑張っていました。ECCでは、1年生から5年生までの英語によるプレゼンが行われ、自分を発信する力が徐々に備わっている姿が感じとれました。このような積み重ねが国際交流が再開された後、きっと活きてくると確信します。 「女川グルメデスマッチ」に私も出演したインターアクト部では、女川の鯨と牡蠣の缶詰を購入し、晩ご飯の際のおつまみとして、美味しく頂きました(最高でした!)。 体育館や講堂での吹奏楽部は、私の知っている懐かしいメロディーを奏でてくれ、心が和んだ次第です。それ以外にも多くのクラブ発表を見せて貰い、厳しい制約の中でもその成果を発信する姿に頼もしさを感じました。 今年の企画には健康志向の企画が多く、私も初めてマインドフルネス体験を行い、新しい万歩計アプリまで手にを入れました。パプリカも頑張って踊りました。しかしながら、C棟で行った体力測定が散々な結果だったので、これを機に、健康な身体作りを実践しようと思います。 「千祭一遇」をテーマに頑張った生徒の皆さん、それを支えた文化祭実行委員の皆さん、本当にお疲れ様でした!!  追伸 綺麗な女性が描かれたTシャツが似合うか心配です。

READ MORE
百代の過客

東京消防庁からの感謝状

9月14日(月)、品川消防署の方2名が来校なされました。 本校は、教職員に対してAEDを使った救命講習を毎年実施しています。そのことが救急行政の推進に協力していると評価され、救急の日(9月9日)に当たって、東京消防庁品川消防署長からの感謝状が贈られる事となりました。   当日は警防課長の佐々木様がお見えになり、本校への感謝状贈呈が行われました。学校現場ではAEDを使う状況が発生することが予想されます。学校としても、生徒などの安全を図るためにも、この研修を継続させていきたいと考えております。 ところで、本校ではどこにAEDが設置されているのでしょう。一つは保健室近くのトイレの脇に、もう一つは今年新築されたC棟1階ダンススタジオのエレベーター横にあります。校内において、AEDが必要となるような状況が発生した場合には、この場所から持って行けるように、生徒の皆さんは覚えておいて下さい。

READ MORE
百代の過客

特別講座「歴史の問題集を楽しくする!!」

今年度も、(株)山川出版社と連携した特別講座を実施します。第1回は、4・5年生対象で、7月13日(月)に行いました。今回は、9月3日(木)に実施した第2回の様子を報告します。 私は、山川出版社の教科書や問題集、街歩きの本などの執筆を数多く行ってきました。特に、昨年には今年度から始まる大学入学共通テスト用の問題集も出版したところです。しかしながら、世の中の流れは、冊子になっている問題集を使っての学習から、ICTとそのアプリを使った学習へと変化してきています。そこで、昨年の特別講座で現6年生から多くの問題集への意見を出して貰ったことを踏まえ、今年度は品川女子の生徒の意見による問題集の具現化を目指しています。     今回は、問題集(解説書)+アプリの企画を実現させるための具体案を提示し合いました。4チームに分かれて、紙媒体の問題集における大きさ・ページ数・値段・色数、アプリ機能としての収録コンテンツ・サポート機能・エンタメ機能などの案ををそれぞれが出し合い、それらを踏まえてチームごとに企画書作りを行いました。私も一部の生徒の案を聞かせて貰いましたが、面白い考えが幾つもありました。 これからは、あと2回の講座の中で、ICTに長けた女子高生のニーズに合う問題集の具現化を図っていきたいと思っています。「歴史の授業は暗記ばかりで面白くない!」と常々言われてきました。今回の問題集とアプリは、その既成概念を破り、新世代が共感する問題集となることを確信しています。 皆さん!乞うご期待下さい。

READ MORE
百代の過客

勉強合宿(5年)と夏期講習(6年)

コロナ禍の中、5年生で実施している勉強合宿は、8月22日(土)~26日(水)の日程で、学校への通い合宿の形で行いました。 朝早くから20時までの長い一日を使って、勉強漬けになる体験はきっと来年度に生きてくると思います。昼は持参したお弁当を食べ、夕方はカフェテリアのお弁当です。いつもより厳しい状況の中、密を避けながら勉強に取り組んでいる姿に、後押ししたくなりました。   そこで私は、8月25日の夕食時に暑さを少しでも和らげるアイスクリームを差し入れしました。参加した生徒の皆さんにはとても喜ばれ、「あと一日頑張って」の声援を送りました。ナイス、ファイト! また、8月28日(木)~31日(月)にかけて、6年生対象に「大学共通テスト対策の講習」を実施しました。60名近い生徒が受講して貰い、気合いが入りました。私は昨年『大学共通テスト日本史トレーニング問題集』を出版しており、解き方やヒント、出題動向を踏まえた、新テストの最前線対策です。講習では、生徒達のやる気が伝わってきたため、私が作成したパワーポイントのシート数も120枚に及びました。この講習をきっかけに、更に学習の進歩を図って貰いたいと思います、頑張れ、6年生!

READ MORE
百代の過客

ダンス部、頑張りました!

今年のダンススタジアムが例年とは違い予選がビデオ審査になる中、本校ダンス部は見事決勝進出を決めました。 C そこで、暑い最中にも関わらず、練習に励んでいるダンス部員を激励しました。生徒達は、今年度できたC棟のダンス場で、3密にならない工夫をしながら頑張っていました。頑張ってきて欲しい願いを込めて一緒に写真を撮りました。 8月19日(水)、パシフィコ横浜で行われた決勝戦では見事7位入賞となり、審査員特別賞を頂きました。3年連続7回目の決勝進出の中、一番の成績とのことです。私は別の出張があり会場には行けませんでしたが、テレビの配信動画で見た「ミノムシ」をテーマとした演技は、コミカルな中に格好良さが加わって感動しました。頑張りましたね! ダンスタの無料動画配信が行われていますので、本校ダンス部の最高のパフォーマンスを、皆さんも是非一度ご覧になってください。

READ MORE