PRODUCED BY 品川女子学院
高等部校長

面談スタイル

昨日の総合学習は、4年生が主に進路ガイダンス、5年生は校外授業+修学旅行の計画、6年生は自習+面談でした。 4年生を見学した時には、学年主任がオープンキャンパスの話しをしていました。ここ2年はコロナの影響で、縮小中止またはオンラインで実施されることが多かったですが、今年はキャンパスで実施される大学が増えました。現場でしか得られない情報もありますし、参加したときの印象は進路選択に大きな影響を与えます。友だちどうしで楽しく参加するのもいいですし、保護者の方と一緒でも構いません。都会の学校である利点を生かして、ぜひ多くの大学に行ってみて下さい。 5年生は、旅行2つの計画という忙しくも楽しそうな1時間でした。校外授業で訪れると聞いた水戸のホテルには個人的に行ったことがあるのですが、とても雰囲気のある場所です。本校でテーブルマナーをするのも久しぶり。社会人になれば絶対に必要な素養なのですが、きちんと学ぶ機会は意外と少ないものです。食事を味わうとともに、ぜひしっかり身につけてきて下さい。 そして6年生は、広い廊下を使って担任がさまざまなスタイルで面談をしていました。面談には一般的に対面、直角、平行型などがあり、その目的などに合わせて使い分けますが、昨日は写っている4組がすべて違う形で話しをしていました。私は対面型が多かったのですが、当時の生徒はどう感じていたでしょうか。ちょっと圧迫感がありましたかね。(現6年生、どうでした?)

READ MORE
高等部校長

最後の薔薇

今年も学校のバラが咲き始めました。東棟は8月から解体が始まりますので、この場所で長く生徒を見守ってきたバラも今季で見納めです。1年生の教室から見えるのですが、今はA組の後方の席あたりが見頃でしょうか。 新入生は毎日新しいことばかりで忙しく、窓の外の花に目を向ける余裕はないと思いますが、それでいいでしょう。若い時は目の前のことで精一杯、というくらいがちょうどいいと思います。何年か経ち、1年生の頃のことを思い出した時に、微かに教室の光景の一部として記憶に残っていれば十分です。 私が通っていた小、中学校からは、秋冬は毎日のように富士山が見えていました。私は当時のことを思い出す時、まずこの光景が甦ってきます。自分の席からずっと景色を眺めていたような気がします。こんなことを言ったら、当時の先生方に怒られますね。  

READ MORE
高等部校長

生徒総会

生徒総会が年々面白くなっています。生徒会から全校生徒へ伝えたいマナーや生徒会予算の承認決議など、堅苦しくなりがちな内容をクイズなどの番組仕立てで進めていきます。4,5年生はよく知っている教員が出演していましたし、6年生は受験勉強の合間で楽しく見ることができたのではないでしょうか。ビデオを作った生徒会のみなさん、ご苦労さまでした。 マナーの悪い生徒にぶつかった数学科教員が教材を落とす場面。この後見事なまでに廊下にノートが散乱しますが、これは本物の生徒のものでしょうか。それがちょっと心配になりました。

READ MORE
高等部校長

小さなグローバル

ドイツ人留学生のElisaさんが、4月下旬から4年B組の生徒として加わっています。シンクロナイズド・スインミングを得意とする活発な生徒で、昨日行われていたネイティヴ教員と生徒の交流会にも参加してくれていました。1学期だけの滞在ということで、遠慮しているとすぐに帰国の日を迎えてしまいます。交流したいと思う生徒はぜひ積極的に話しかけてあげてください。留学生は話しかけられれば100%うれしいはずです。 理事長の日記にも紹介されていますが、インターアクトクラブの生徒が今週は毎朝エントランスで文房具の寄付を募っています。文房具に不自由している国の生徒に送るということです。先日もウクライナの子供を支援する募金を行っている生徒がいました(13万円くらい集まったそうです。ありがとうございました)が、グローバルな活動はどんな形でも、どんなに小さなことでも行うことができます。生徒のみなさんは、ぜひもう1回机の引き出しを見直してみてください。 Elisaさんが自己紹介のプリントを3階掲示板(English Boardの横)に貼ってくれていますが、その中に驚きの写真が。自分の街の市役所だそうです。

READ MORE
高等部校長

驚異の占有率

昨日放課後、懐かしい卒業生が遊びに来てくれました。私が担任をしていた世代の生徒で、大学卒業後秋田のテレビ局に就職し、アナウンサーとして活躍しています。実はこのテレビ局にはもう1人本校出身の先輩アナウンサーがいて、彼女は卒業時の担任でした。ホームページを拝見する限り女性のアナウンサーは7人ですので、もの凄い品女占有率です。 1年少し前には、2人揃ってズームで授業に協力してもらったことがありました。生徒が2人を見る目は輝いていて、話しが上手であると同時に、どこか品女生の雰囲気が残っていたことも生徒を惹きつける要因になっていたと思います。人が職業を選ぶ理由はさまざまですが、憧れも立派な動機になりますので、この授業を受けた人の中からきっと同じ職業を目指す生徒が出てくると思います。 昨日はたまたま帰京した後、羽田から秋田に戻る途中に寄ってくれました。(卒業生の中には、品川駅での待ち合わせの時間調整で学校に遊びに来る生徒もいます。まあそれでも嬉しいですが)あまりに昔話が楽しく、出発の時間が迫っているのにだいぶ引き留めてしまいましたが、はたして彼女は無事飛行機に間に合ったでしょうか。 [gallery columns="2" size="medium" ids="20042,20041"]   授業に協力してくれた時の写真。授業中はマスク、最後は外してもらって生徒が撮影。

READ MORE
高等部校長

地域に支えられて

授業見学前後にC棟スタッフルームで待機をしている時、 写真のような光景を目にすることがあります。 御殿山の方から道路わきのゴミを1つ1つ拾って進み、 学校横の通りも長い時間をかけてきれいにしてくださいます。 通り過ぎる方が声をかけることはほとんどなく、 黙々と作業を続けています。お年寄りのボランティアの方です。 本校は今年で97年間この地に存在しています。 一世紀近くも同じ場所にいて、 地域の方々から愛されない学校であってはなりません。 時々校内から大声を出して近隣の方々にご迷惑をかけることがありますが、 見えないところで地域の方々に支えられていることがわかっていれば、自ずと行動も変わってくるでしょう。 もしこのような方を見かけたとき、ひと言でいいので「 ありがとうございます」と言える生徒になってほしいと思います。  

READ MORE
高等部校長

起業体験相談会

4月30日の放課後、各所で行われているクラブ活動を観察しようと廊下を歩いていると、何やら熱気に溢れている部屋が。起業体験取締役を対象とした相談会を行っていました。これは私が起業体験を担当していた頃にはなかった会で、初めて参加する中学3年生を対象に、幹部の役割を相談したり、クラスの企画について質問をするというもの。連休の谷間にも関わらず多くのサポート委員保護者の方にご参加いただき、各クラスの机を回って熱心に質問に答えていただきました。おそらく、この会が一般企業で行われていれば確実に有料になるものでしょう。 「企業理念と商売を結びつけるのが本当に難しいんですよ」とか、「それは社長が決めてしまっていいのでしょうか?」など、先輩の誰もが悩んでいたような質問が聞こえてきます。写真を撮ったり、聞き耳を立てている私には目もくれず、保護者の方のお話しを熱心に聞いてメモをとっています。本校の起業体験は6ヶ月続きますが、すでに雰囲気は文化祭間近のようです。高等部生徒に挑む彼女たちのこれからの奮闘が楽しみです。    

READ MORE
高等部校長

品川女子学院には97年の歴史があります-英語ではどう言いますか?

1つの言い方としては、Shinagawa Joshi Gakuin is 97 years old.  中学1年生から使える表現です。上級生になれば、直訳(word-for-word translation)では通用しない場面が増えてきますね。一旦頭の中で意味や状況を整理してから翻訳するよう心がけましょう。 5月2日は本校の創立記念日です。本日、記念品として校名入りのボールペンが配られました。コロナ前はこの日にお菓子が配られることが多く、担任をしていた頃は「下校中に食べないように」などとよく注意していましたが、筆記具ならその心配はありません。後援会からいただいたものですので、有効な使い方を考えてみてください。私も1本いただきましたが、軽いので手帳につける筆記具として使おうかと思っています。 もうすぐ100年になる歴史は、「扉の向こうに」やホームルームで紹介されていますので、ここでは振り返りません。先日の体育祭でもお伝えたした通り、本校の伝統は誰かに押しつけられたものではなく、ほとんどは生徒の自発的な行動が習慣化したものです。体育祭をはじめ行事のほとんどが生徒会・実行委員によって運営されることがその典型で、これは大いに誇れる伝統だと思います。これからもずっと続いていくことを祈ります。 始業式の頃にはC棟の窓から僅かに桜が見えていましたが、今はすっかり新緑に変わりました。どの学年の生徒も本当に慌ただしい1ヶ月だったと思います。明日からの数日間で少し羽を休めて、また連休明けから頑張りましょう。 後援会をSupporters' Associationと記してあります。高校生は、sの後にアポストロフィ(')が付いている理由がわかりますね。

READ MORE
高等部校長

体育祭点描

昨日無事体育祭が終了し、接戦を制して6年生が見事に優勝しました。詳しい内容は、お嬢様のお話しや学年・クラスのブログで紹介されると思いますから、ここでは写真とコメントを少しだけ。この学校の体育祭は、何と言っても実行委員あってのものですので、数枚ですがそれも入れておきました。 国立代々木第一体育館。久しぶりにツツジの季節の体育祭です。 3年生は他学年より早く登校し、無人の会場で演舞のリハーサルをしていました。 実行委員が競技用のポイントを付けているところ。手にいっぱいガムテープを貼っています。 審判部の実行委員でしょうか。活動前に円陣を組んで気合いを入れます。 学年カラーの襷をつけた責任者が集まって選手宣誓します。 最初の競技、徒競走。下級生には負けられません。 玉入れの1回戦は4年生の圧勝でした。 6E担任が更衣室でイメージトレーニングをしています。 パン食い障害物競走。左手にパンを持って激走。 大縄。経験が重要なこの団体競技で1年生は4位になっています。 ビーチフラッグのスタート直後。この競技はダッシュ力が勝敗を大きく左右します。 6年担任が着付けの出番を待ちながら、心配そうに得点の中間発表を待っています。 クラブ対抗リレー。走りづらそうな衣装ですが速かったです。 演舞本番。ファインダー越しでもかなりの迫力を感じました。 着付け6年F組。担任はもう振り切れている感じですね。世界観がありました。 着付け6年E組。この後、衣装を投げる姿がカッコ良かったです。考えられた展開です。 着付け6年B組。担任をよく目立たせていました。雰囲気作りがとても上手です。 着付け6年C組。最初は担任がわからないくらいでした。踊れる教員をうまく使っていました。 着付け6年A組。普段と今回の担任、本当はどちらなのでしょう?企画の段階で成功です。 着付け6年D組。担任は生徒と手を組んでずっと回っていて心配しました。トリにふさわしい華やかさでした。 着付けエンディング。学年団の教員が揃っています。学年主任が制服を着ていますが、あまり抵抗がなさそうです。 1年生綱引き。この競技での上級生との対戦は大変です。 宅配便リレー。6年生の荷物が危ない! 実行委員器具部の生徒が、毎競技ごとに素早く運んでくれます。 メディシングボールの順位発表。上級生の経験が生きます。 借り物競走。生徒が必死で、渡す教員はけっこう怖いです。 はっとしてピョン。低い位置で素早く棒を通すのは、なかなか腰がキツいんです。 学年対抗リレー。このレースに象徴されるとおり、体育祭を通して6年対5年の図式が続きました。 最終結果。 体育祭の振り返りビデオを見る6年生。みんな笑顔ですね。優勝おめでとう。 体育祭実行委員長による閉会の言葉。やはり今日1番の拍手。 生徒が下校し終えてから1時間以上経っての実行委員最終集会。本当にご苦労さまでした。

READ MORE