PRODUCED BY 品川女子学院
白ばら日記

フラワーアレンジ部・セイコーウオッチ企業コラボ・Forbes記事の紹介

  フラワーアレンジ部の作品です。爽やかですね。受付に飾ってあります。 今年も企業コラボが始まりました。このような厳しい社会状況の中、お受けいただいたセイコーウオッチ様には、心から感謝しています。 学年主任の小野瀬より以下報告です。 企業コラボ第一回(6月24日実施)報告 内容:5時間目    SEIKOの企業・歴史について    セイコーのデザイン・デザインの面白さについて    テーマ説明「品川女子学院の腕時計をプロデュース」    6時間目    ワークショップ①「ターゲット調査(私・グループ)」    【私】腕時計に感じていることを書く    【グループ】内容を共有し、つけたい時計をまとめる          その後、グループ代表発表    デザイン部の方1名がファシリテーターとして各クラスに入る。担任と共に進める。   +++++++++++++++++++++++++++++++  5時間目は全体にセイコーウオッチ(株)様よりお話がありました。Zoomでつなぎリアルタイムでの説明が始まりました。生徒たちは大きな拍手したり、頷いたり、クイズには手を挙げて応えたりと、かなり真剣に楽しみながら聞いていたようでした。  6時間目は教室での活動です。ファシリテーターとして各クラスに1名の方がついてくださり、進んでいきます。 「最近腕時計をつけているか」との質問に、つけている人は思い浮かぶ理由、つけていない人はその理由、そのほか自分の感じていることを書いていきます。その後、グループで共有し、私たちのつけたい時計を発表しました。  生徒たちのつけたい時計のイメージで多かったのは通気性よい時計、軽い時計、おしゃれな時計・・・これがどんな形になっていくのか、これからのワークショップが楽しみです。   +++++++++++++++++++++++++++++++ 毎年、ソーシャルビジネスの発表会を本校で行っていますが、Forbes JAPANに掲載された記事が、ネットニュースに再掲載されました。 困難な社会状況だからこそ、社会課題に気づくこともあります。それを自分事として、解決のアイディアを考え、小さなことでも自分にできる一歩を踏み出す、そんな人を育てる学校でありたいと思っています。 学生発のアイデアで社会をバージョンアップする(Forbes JAPAN) - Yahoo!ニュース

READ MORE
図書室日記

もうすぐテスト1週間前です

こんにちは、くまったです。 期末試験が近づいてきました。 先週から閲覧室の利用が再開しました。 これまでと利用方法が異なり、注意点がありますので、利用の仕方を詳しくご案内します! まずは入り口で手指消毒。 カウンターで「閲覧室利用したいです!」と伝えてください。 利用したい席があれば番号を伝えてください。 座席カードを受け取ります。 閲覧室へ。 入ってすぐのホワイトボードにも座席表があります。 座席カードと一致する席を利用してください。 間隔をあけるため、隣の席は荷物置きになっています。 利用が終わったらカードをカウンターに返却してください。   利用後は司書が消毒作業をおこなっています。   図書室 くまった

READ MORE
百代の過客

全校再会(再開)

6月22日(月)から全校生徒の登校が開始となりました。学校が再開され、1年生から6年生までがそろって再会しました。 当日はあいにくの雨の朝となりましたが、1年生から6年生までの全校生徒の登校が開始されました。朝から学年主任の先生方を中心に玄関前に立ち、生徒たちを迎えました。 学校としても生徒を迎えるにあたり、清掃や消毒についての体制も整えました。業者による清掃回数を増やし、共用部分や机などの消毒も毎日最低1回は教員が行います。手洗いやトイレでの密を防ぐためにも、受験を控える6年生以外は45分授業とし、15分の休憩時間をとることにしています。 また、期末試験も迫っています。到達度テストで振るわなかった生徒への補習も既に開始しています。本校では、リモート授業を行っており、進度が遅れている生徒には補習などで対応しつつ、夏期休業期間中の講習も確保して、受験や発展学習への対応を進めていく方向です。 同時に、制限付きではありますが、待ちに待ったクラブ活動も始まりました。新校舎を使っての活動ができて良かったと思っています。それに伴い、1年生のクラブ活動見学も始まりました。1週間と短い期間ですが、自分を輝かすことができるクラブ活動を見つけてほしいと思います。今年度の学校行事については、コロナ禍の収束状況を見極めて、次の方向性を示していきたいと考えています。 新しいC棟の校舎もすべての高等部生徒を初めて迎え、活気が感じられる日となりました。今後も、状況を的確に判断しながら、学校生活を日常に戻していきたいと思います。但し、継続して感染症対策の意識付けと実践を進めることも行っていきます。みんなで、新しい生活様式を身につけていきましょう。       C棟ダンススタジオでの練習開始

READ MORE
図書室日記

読書週間【6/22~6/27】

今年も前期読書週間の季節がやってまいりました!!! 6月22日から6月27日です!! しかし今年は集客活動ができません!!涙   そこで自宅からでも楽しめるように、今年はGoogleサイト(st1でログイン)でみなさんのおすすめ本を紹介するページを作ることにしました! Googleフォームから、おすすめ本を入力することができます! そこで好きな本について熱く!熱く!!熱く!!!語ってください♪ 誰でも入力ができます! ハンドルネームでの投稿も可能です! 保護者の方もぜひご参加ください! このブログのファン!?である学外のあなたもどうぞ! アッチがさっそく何を紹介しようか意気込んでいます! 図書室 岩崎

READ MORE
図書室日記

6月22日からの開室対応

6月22日からの開室対応を図書室サイト(要st1ログイン)で更新しました。   閲覧室の利用ができるようになります。 座席数を減らし、利用後はアルコールで清掃します。 利用する際はカウンターで座席カードを受け取ってください。   引き続き学内外からWEBで蔵書検索、予約やリクエストもできます。   図書室 伊達木

READ MORE
白ばら日記

今年も企業とのコラボが始まりました・グリココラボその後

今年も企業とのコラボレーションが始まりました。今年、協力してくださるのは、セイコーウオッチ株式会社様です。昨日、生徒たちにも発表し、みな楽しみにしています。 卒業後、コラボ先の企業に就職する卒業生も出てきて、社会と学校を結ぶこうした取り組みが生徒の将来につながって行くのだなぁとうれしく思っています。 そして、その卒業生たちが、在校生へさらなるコラボの案件をもってきてくれたり、就職先での仕事の話をしにきてくれたりすることも。 本校は今年の1年生が卒業するときに100周年を迎えます。 生徒たちが、在学中に学んだことを、卒業後、社会に活かし、様々な形で母校に還元してくれる、私立学校は、そうして先輩から後輩へとバトンタッチされていくのだなぁと感じます。 そんなご縁を大切に、昨年のコラボの続きを高田からご紹介します。   昨年度企業コラボ授業が終了した後も、 旧3年生はグリコさまと交流をつづけてきました。新型コロナウイルスの影響で延期になっていた、キャンペーンも開始をすることになり、この度、公式HPのセブンティーンアイスのブランドサイトに子供たちが制作したキャンペーンお知らせのPOPと動画が掲載されました。 クリックで動画が見られます クリックで動画が見られます

READ MORE
図書室日記

おすすめ本セット

こんにちは、アッチです。 接触を避けるためにみんなに会えないところにいて、ちょっぴり寂しい毎日です…。   図書室は再開したものの、滞在ができません。 じっくり本を選ぶことができないので、おすすめ本セットを作りました! 「なにか本を読みたいけど、特に決まっていないな~」というときにぜひご利用ください! 図書室 アッチ

READ MORE
図書室日記

YOMOCA6月号

YOMOCA6月号をGoogleサイト(st1でログイン)に掲載しました。 ↑このブログでは一部を見ることができます。   生徒のみなさんはぜひGoogleサイトから見て、まちがいさがしにも挑戦してください!! 今回は答えもサイトに掲載しています。   図書室 岩崎

READ MORE
百代の過客

オンラインでの起業プレゼンテーション

6月10日(水)、14時30分~16時まで、初めてオンラインでの起業プレゼンテーションが行われました。 9月末に行われる文化祭の実施形態は、この先が不透明なため、何ともいえない状況です。そのような中で、各クラスがいつもと変わらず理念を共有し、アイディアを出し合って出された企画は社会課題を解決したいとの意識が見てとれました。難しいかと思われた企業との連携もしっかり行っており、考えた商品についての説明のプレゼンテーションは、とても興味深いものでした。   オンラインでのプレゼンテーションには、キーノートの機能を駆使しての見せ方や聴衆がいない中での話し方など、普段とは違う大変な点があったと思います。そのような中で、文化祭の開催形態が違った場合のことも念頭に置いて説明するなど、リスクマネージメントが働いている説明にも驚かされました。 また、サポート委員の方からは、オンラインにもかかわらず適切なご意見を数多く頂戴したことに、大変感謝しています。 世の中の状況が早く改善され、起業体験の取組がなるべく良い形でできることを心から願ってやみません。

READ MORE