PRODUCED BY 品川女子学院
白ばら日記

特別講座✕丸井グループ 「しあわせな未来のつくり方〜中高生とお金を通して考えてみた〜」

昨年丸井グループの方に実施していただいた特別講座「あなたはどんな大人になりたい?~丸井グループと一緒に「お金」や「未来」について考えよう~」の様子をまとめた動画がYouTubeで公開されました。 この特別講座は、丸井グループの「この指とーまれ!」という、持続可能な社会へ向けた取り組みの一環として行われたものです。「この指とーまれ!」←サイトへとべるようになっています。 そのときの様子を担当の丸山からご紹介します。   丸井グループのみなさまをお招きし、特別講座を実施しました。 一回目は、お金の使い方について考えました。最初に、 お金は使い方次第で社会課題解決に貢献することも出来るかもしれ ないということを、 具体的な事例も含めながらお話していただきました。 寄付や投資についてもお話していただき、 自分のためだけではなく、社会のため・ よりよい未来のためにお金を使うことが出来るということを学びま した。その後グループに分かれ、「しあわせな未来って?」「 自分ならお金をどう使ってしあわせな未来をつくる?」 という問いに対し、ディスカッションを行いました。「 丸井グループと一緒にやりたいことは?」という問いに対しては、 お金に関する講座の開催やクレジットカードの擬似体験が出来る仕 組みなど、様々なアイディアを出しており、 お金に対する関心が高いことが伝わってきました。 二回目はグループでディスカッションした内容を全体に共有し、 しあわせな未来の実現に向けた抱負を1人1人が掲げました。「 助け合い」や「思いやり」 といったキーワードをあげている生徒も多くおり、 今回の講座を通してお金と社会のつながりを意識するようになった ようです。 お金は私たちにとって身近なものですが、 日々の生活の中で使い道についてじっくり考えたり、 人と話し合う機会は少ないと思います。しかし、 しあわせな未来を実現していくために、 私たち消費者がお金の使い方について知り・考え・ 話し合うことが非常に重要なことであると再認識しました。

READ MORE
百代の過客

リモート授業を終えて

入試明けから対面での授業を開始しました。文部科学省などのガイドラインに則り、対策を取りながら授業を進めていきたいと思います。   2月25日(木)、足かけ4ヶ月に渡った、5年生全員との面談が終了します。リモート期間中は、Zoomでの面談を実施しました。対面での面談はマスク越しですが、Zoomでの面談はお互いに顔を出すことができ、生徒の表情も伺えて楽しかったです。「リモート授業は得意です。」と答えた生徒が多かったのですが、やはり友達との会話が無いことへの寂しさを感じていたようです。。コミュニケーションを図るには、学校での生活は欠かせないと再認識させられました。 リモート期間中の1月26日(火)、(株)山川出版社とコラボして行っている特別講座「堅い参考書をアプリで楽しく!」の最終回がZoomで行われました。出版社の方からは、本校生徒の意見をまとめ、最終的に『歴史へのFirst Step』『年表から引く近現代史』という二つの企画書を提案して頂きました。最終回では、グループワークを中心にタイトルなどの意見交換などがなされました。本校生徒がZoom機能を簡単にこなしていることにも、驚いていました。是非とも企画が通り、特別講座の成果物として、参考書が発刊できることを期待しています。何卒よろしくお願いします。

READ MORE
百代の過客

5年SBIPと4年ビジネスプランコンテスト

2月20日(土)、SBIP(ソーシャルビジネス・アイディアプレゼンテーション)がオンラインで開催されました。100名を超える参加者の中、本校5年生2チームが参加しました。また、この状況下でも他校からの参加もあり、大変有り難かったです。 本校の課題解決型学習であるCBLで選ばれた、「子宮頸がんの予防」を扱ったチームと「絵本を通してジェンダーレスを考える」チームのプレゼンは、更にブラッシュアップしており、多くの方から高評価を頂きました。特に、アンケートや論文からの分析から仮説を立て、プロトタイプした解決策を実行に繋げていくことが、本校の特徴と思います。このような活動を今後も続けていくことを期待します。 SBIP発表スライド   SBIPの司会者   SBIPの発表を終えた生徒達とひな人形と一緒に また、2月24日(水)には、4年生独自の企画として進めてきたビジネスプランコンテストが行われ、各クラスの代表5チームによるプレゼンが実施されました。プレゼンは5年生にも引けを取らない内容でした。今後は、分析・仮説に対応した実践が加わると思いますので、来年度のCBLやSBIPが楽しみです。

READ MORE
図書室日記

YOMOCA2月号

寒い日もありますが、少しずつ暖かい時間が増えてきました。 リモート期間を終えて生徒の皆さんの登校が始まり、学校が明るい声に包まれて嬉しいです。 さて、YOMOCA2月号を発行しました。 内容は、 ・電子と紙の書籍の入荷 ・芥川賞/直木賞/本屋大賞 ・図書委員のおすすめの本 ・大学共通テストに出題の本 ・品女の入試で出題された本 等です。 ブログでは1枚目のみご覧いただけます。 どうぞよろしくお願いします。 図書室 名小路

READ MORE
広報部長より

繰り上げ合格をお伝えしました

本日、繰り上げ合格となった方へ、その旨をお伝えしました。 (電報を打ち、緊急連絡先へ電話をかけました) これをもちまして、2021年度入試を終了といたします。 広報部長 平川悟

READ MORE
広報部長より

繰り上げ合格について

公立一貫校の合格発表を受けて、入学を辞退する方からの連絡は本日もいただいております。 明日(土)16時が入学手続金の返金締切ですので、繰り上げ合格があるとしたら明日(土)となります。その場合は対象となった方へ電話をします。 広報部長 平川

READ MORE
図書室日記

図書委員会広報班より

図書委員広報班の5年生より、おすすめ本の紹介です。   『ライオンのおやつ』小川糸:著(ポプラ社) こちらのお話は若くして病気になり、余命幾許もない主人公、海野雫が「ライオンの家」というホスピスで、人生最後の日々を穏やかに、そして暖かい人間関係によって、満ち足りたものにしていくお話です。 この作品は2020年本屋大賞第2位を受賞した作品で、著者の小川糸さんは食べ物を食べる時の描写を、頭の中で味を鮮明に想像できるぐらい、美味しそうに書いています。 一回読み終えても、おかわりしたくなること間違いなしです。ぜひ読んでみてください。 図書委員会広報班5年

READ MORE
白ばら日記

子供の成長を服選びに例えると・・・

卒業生が送ってくれました。 2月2日が前理事長の命日だったので、仏壇の前にしばらく。 私が20代の頃、教えていた子なので、もうお母さんです。 家庭科の授業で、ほうれん草を計ってと指示されて、ビーカーにぐいぐい詰めていたという逸話を持つ子ですが、すっかり大人になっていろいろな気遣いをしてくれています。 入試の朝、玄関に立っていてふと気づきました。お母さんとお嬢さんのコートの色やデザインが似ていることに。 子供の成長を服の選び方に例えることがあります。 親が選び、友達が選び、自分で選ぶようになる。 「友達が選ぶ」と言うのは、 周囲に合わせたくなる時期と言う意味です。 ひな鳥があたたかな親鳥の懐からいつか飛びたつように、子供は、徐々に自立し、 自分で意志決定できるようになっていきます。 中高は、その大切な成長期を預かる場所なんだなぁと改めて思いました。 社会の変化が激しく、教育のあり方も大きく変わる節目に、迷うことも多い日々ですが、生徒の将来だけを見つめてやっていこうと強く思いました。 *本日、10日(水)の22時から、「コロナ禍の子供の教育と心の健康」というテーマでクラブハウスアプリでのディスカッションに参加します。

READ MORE
白ばら日記

入試を終えて

入学試験が終わりました。以前のブログでもお伝えしたことをあらためて、シェアさせていただきます。 思い通りの結果になった人、そうでなかった人、思いは様々だと思います。私自身、入試前日に高熱を出し、第一志望の試験中に気を失って医務室に運ばれた経験があるので、受験生の気持ち、おやごさんの気持ちを思うと、入学試験を実施する身としても、受験生を送り出す身としても複雑な気持ちです。 しかし、30年近く、入学のその後を見てきて実感していることは、 「縁あって進学する学校が、その子とって一番いい学校」ということです。 結果が思い通りにならなくて気持ちがすっきりしない方へ、生徒の成長を見ていて教えられたことを三つシェアします。 1,未来から逆算する お子さんの長い人生から見れば中学受験は一つの通過点です。 「そのとき思い通りにならなくてつらかったこと、こんなことに何の意味があるのだろうと思っていたこと、その一つ一つの点が、後で振り返ると繋がって意味のある線を描いていた」 多くの卒業生が語っています。 2,親のしたことはすべて愛情からのことと肯定する 中学受験は親主導の場合が多いと思います。ああすればよかったと後から思うこともあるかもしれません。しかし、自分のことで親が悩んでいるのは子どもにとってかえってつらいことです。 中学生になれば、だんだんと自分のことは自分で決めて自立するようになっていきます。親が自分の問題と子どもの問題を分けて考えられるようになることが子どもの成長に繋がります。 すべての行動の奥には価値観があります。親が子供への愛情からしたことは、いつかきっとお子さんに伝わります。 3,得たものを見る お子さんが目標に向けて頑張ったその過程にこそ意味があるはずです。得た物を数えてみます。 進学した学校に前向きな気持ちで通う子は必ず伸びます。 この学校でよかったと思えるような学校生活をおくれるよう、ご家族みんなで応援してあげてください。   昨日見つけた梅の枝。「百花の魁」寒く厳しい冬を経て、暖かで明るい季節の訪れを予感させてくれる開運の花です。 *明日9日火曜の夜20時からオンラインでお話をします。HatchEduオンラインセミナー #1「 GIGAスクール時代の学校のあり方を考える」 Zoom 終了後、質問が多いときは、クラブハウスアプリに場所を移すかもしれないとのことです。 *10日(水)の22時からは、「コロナ禍の子供の教育と心の健康」というテーマで議論します。

READ MORE