PRODUCED BY 品川女子学院
白ばら日記

学校再開

本日から、学校を再開しました。4月13日から開始したリモート授業の到達度テストを、学年を分けて分散登校をしながら行っています。 それに先駆けて、土曜には、一年生が初登校しました。 保護者の方もお越しいただいたので、待合室など、密にならないようにしつらえました。 前が生徒、後ろが保護者席です。 待機場所はカフェテリア。 一クラスずつ、HRを行いました。 こちらは講堂。 こちらは第一体育館。 2カ所を交互に使いました。 私と校長も6クラスそれぞれで挨拶をさせていただきました。 オンライン入学式はしたものの、登校は初めてなので、記念写真が撮れるように屋上に校旗を飾りました。間を開けて並んで、 一人一人記念撮影です。 この日は、冬服でもOK。 一生に一度の入学式なので、この状況が落ち着いたら、思い出に残るような工夫をして行いたいと思っています。 「早稲田会議」のオンライン会議に参加しました。 6月3日(水)日本経済新聞 朝刊 全国版 14面に掲載される予定です。

READ MORE
白ばら日記

創業守成

南校地の新校舎が完成しました。 上級生から順番にホームルーム教室を移していき、高等部全学年が入ります。その他の施設として、理科室(2)、作法室(仮)、ダンススタジオ、屋上運動場があります。 今年は創立95周年になります。この学校が創立された大正時代、女性には参政権がなく、女子には男子と同じような教育は必要ないというのが常識でした。そのような中、女子校を創立するという「非常識」な一歩を踏み出すには、どれほどの勇気が必要だったでしょう。 「ゼロから始める」ためには強い志と、批判に耐え、予想できない困難を乗り越える力が必要です。まさに「志願無倦」です。 一方、誰かが始めたことを引き継ぎ、続けていくのも、容易なことではありません。『貞観政要』にも、「創業は易く、守成は難し」(新事業を興すより、事業を維持することの方が難しい)という言葉があります。 金沢で約350年続く陶芸の家元を訪ねたときのことです。併設された美術館で歴代の家元の作品を見ながら、後を継ぐ方が言った言葉が心に響きました。 「才能にあふれた素晴らしい作品より、才能のない家元が作った子供のような作品を見るときに涙が出る」理由を尋ねると、 「才能がないことは本人が一番自覚していたはず。それでも逃げずによく続けてくれたと思うから」と言われました。 そして、物資のない戦時中の貧弱な作品を見るときも、「食べ物に不自由する時に、生活の役に立たないと後ろ指さされながら、よくぞ続けてくれた」と感謝の念が沸き起こるともおっしゃっていました。 私達の学校にも、困難な時代がありました。戦争中は言うまでもありませんが、平成に入ってからもいろいろなことがありました。母校の灯火を繋げるのだろうかと、歩みを止めそうになるとき、背中を押してくれたのは、品川ファミリーのみなさんでした。 私立学校には、「創立の理念」があります。その理念を実現するために、勇気を持って始める人がいて、それを受け継ぐ人たちがいる。そうして、長く繋いでいくうちに、各校の理念に根ざした独特の文化が育っていくのだと思います。 今回の工事は、一棟一棟、道を隔てた土地に本校舎を建てていく方式で、工事の影響は最小限に留めますが、クラブの活動場所など、一時的に不自由になることも出てきます。校舎の全面改築は創立以来の大事業であり、完成後まもなく、本校は100周年を迎えます。そんな大切な節目に、縁あって在校する生徒のみなさんには、是非、協力をお願いし、後輩達へと母校の文化をバトンタッチしていただけたら幸いです。 保護者の方は品川ファミリーにも掲載されていますのでHPから是非ご覧ください。

READ MORE
図書室日記

図書室は6月1日より開室します

※クリックすると大きく見られます。   図書室は6月1日より開室します。 開室時間や利用方法に注意と制限があります。 予約やリクエストは引き続きWEBでもできますので、そちらを利用しながら滞在時間をできるだけ短くしてください。 同じ内容は図書室サイト(st1)にもお知らせしています。 何か変更があればそちらで更新していきますので、ご確認ください。 図書室 伊達木

READ MORE
白ばら日記

今後の予定・エンジン01 リレー動画・子供支援

東京都も緊急事態宣言が解除されました。 5月30日には、まだ一度も登校できていない1年生の登校日を設け、翌週は上級生も分散登校をし、これまでのリモート授業による学習の到達度をはかるテストを行います。その後の予定についても、本日ご連絡をいたしました。 双方向のオンライン授業が実施されている学校は5%という調査もあり、地域、また学校によって対応は全く違っております。本校は、常に 1,生徒の安全性の確保 2,生徒の学習機会の確保  という優先順位に照らして、判断をしていきますので、ご協力よろしくお願いいたします。 私の所属しているENJIN01文化戦略会議のリレー動画メッセージに参加しました。生徒たちの取り組みから学んだことをお話しています。Instagram Twitter   Facebook   SGHのリーダシップ講座などでお世話になっている熊平美香さんから、Learning for Allの取り組みのご紹介をいただきましたので、シェアします。 新型コロナウイルスで、さらなる「貧困の連鎖」 を生まないために、また、困難な状況の中でも、 一人でも多くの子どもたちが笑顔で楽しく過ごせるようにという支援活動です。 ▶クラウドファンディングページ:https://camp-fire.jp/projects/view/283077 運動不足で朝、散歩をしているのですが、ゆっくり歩いていると小さな幸せが見つかります。 これ、何の形に見えますか? 私は♡に見えて思わず足を止めました。 見慣れたものも、角度を変えてみると違ったものに見えてくる。 4月に文庫化された『女の子が幸せになる子育て』に、「見方を変えれば、短所も長所に見えてくる」という話を書いています。 「リフレーム」と言って、私たちが無意識にかけているフレームを外して違う角度から見てみる方法についてです。  さて、では一つ練習です。身近な人(自分でも)のいやなところ、短所と思っているところを、長所に言い換えてみてください。 在学中短所と見えたところが、時間と場所が変わることで長所として花開く、そんな卒業生を何人も見てきました。 今のこの苦しい状況も見方を変えて少しでもプラスに転じられたら、小さな幸せが見つかるかもしれません。

READ MORE
図書室日記

蔵書検索が学外からできるようになりました

学外から図書室の蔵書検索ができるようになりました。期間限定2021/3/31までです。図書室サイト(st1)からご覧ください。  図書室 伊達木

READ MORE
白ばら日記

新校舎紹介・留学先からのレポート・東京大学より

先週は1年生の保護者会をZOOMで、3年生の保護者会を動画配信で行いました。動画で、新校舎のご紹介をしましたので、品川ファミリーの皆さんにもシェアしますね。(画像をクリックしてください。) *留学中の5年生のレポートです。自分も大変な状況の中で、みんなの役に立つような情報をシェアしてくれたこと、本当にうれしく思いました。(親御さんから本人に許可をとっていただき、皆さんにもご紹介しますね) 『カナダ留学中の16歳の女子高生が、 世界56ヶ国の100人にオンラインで “コロナ”の状況を聞いてみました』   *理科の特別講座などでお世話になっている東京大学の大島まり先生(高校の同級生です(^^;)から情報提供いただきました。 理系には特に参考になると思います。 東京大学生産技術研究所 次世代育成オフィス(ONG)

READ MORE
図書室日記

YOMOCA5月号

みなさんお元気にしていらしゃいますか? YOMOCA5月号を発行しました。 1枚目のみこちらでご紹介します。2枚目以降は、図書室のGoogleサイトで見られます。   最近図書室が始めたGoogleサイトのご紹介や本屋大賞の本やノミネート作品を紹介しています。 図書室のGoogleサイトでは本の予約もできます。 予約した本のご用意ができましたら、学校再開時にお渡ししますね。   図書室のGoogleサイトでは、様々なデータベースも利用できます。 どうぞご利用ください。   また、みなさんとお会いするのを心待ちにしています。 図書室 名小路  

READ MORE
図書室日記

今週もZoom図書室を開催します!

先週初めてZoom図書室を開催しました! ↑参加者を待つうさことうめきち   そして今週もZoom図書室を開催することになりました!! 5月20日(水)15:30〜16:00 5月23日(土)14:00〜14:30 お好きなタイミングでご参加ください♪ 1年生も大歓迎です!!! もちろん今回も、途中参加・途中退出OKです。 ふらりとお越しください! 詳細は前回と同じく図書室のGoogleサイト(st1でログイン)に載っています!!!   図書室 岩崎

READ MORE
白ばら日記

一年生の様子・卒業生の記事・伊達さんのトレーニング

一年生もようやく、Zoomでみんながつながるようになりました。 学年の連絡用SNSを見ると、まだ使い勝手が分かっていないようで、質問を全員に流して、私も私もと次々コメントしていたりして、賑やかな画面がなんとも微笑ましいです。 今日の15時30分からZoom 図書室も開設され、5月22日の16時には、私もZoomでJリーグ浦和レッズの長澤和輝選手をゲストに招いての特別講座を実施します。詳しくは対象学年のスラックへ。長澤選手の現在行っている医療従事者へ感謝を伝える取り組みや、学業とスポーツの両立、海外での体験など、幅広くお伺いするつもりです。 保護者会も動画やZoomで実施します。 と、書いていたら、今朝から連絡用のSNSの調子が悪く、リモート授業に支障がでないよう、教員間で協力し合って緊急の代替措置をとっています。 教員から日経ウーマンの最新号に卒業生のインタビューが出ている と連絡がありました。まだ、20代なのですが、読んでみると、 リーダーとしての取材でした。 化粧品会社勤務で26歳で課長に抜擢され、 部下が全員年上だそうです。 力を発揮してもらえるように自分は調整役に回るとのこと。 相手が何を望んでいるか会話や雰囲気から察する、 毎日の朝礼で部下の気分や体調を確認するなど、 コミュニケーション力を発揮している様子が読みとれて、 誇らしく思いました。 誌面で、私の『 働き女子が輝くために28歳までに身につけたいこと』 を紹介してくれていました。これは、 卒業生を思い浮かべて自分の経験をすべて伝えるつもりで書いた本 なのでとてもうれしかったです。 最後に、伊達さんからメッセージです。

READ MORE