PRODUCED BY 品川女子学院
図書室日記

YOMOCA11月号と今年の漢字

先日、YOMOCA11月号を配付しました。 ブログでは表面のみです。 YOMOCAにも載せましたが、図書室では「今年の漢字」を募集しています! 2020年を表すにふさわしい漢字一字を考えて、応募しませんか! YOMOCAか下記ポスターのQRコード、もしくはこちらからどうぞ。 11月30日までの募集です。 ※「今年の漢字」は日本漢字能力検定協会が毎年募集しているものです。 最も多く寄せられたその年の世相を表す一文字の漢字が、毎年12月12日の「漢字の日」に合わせて京都の清水寺で発表されます。今年は12月14日(月)に発表予定です。 今回は品川女子学院の団体応募として、上記フォームに入力された回答を日本漢字能力検定協会へ提出します。   図書室 伊達木

READ MORE
白ばら日記

社会課題の解決 

コロナ禍で人手不足になっている学校と学校現場での実習が困難になっている学生をマッチングするインターンシッププログラムを、卒業生が始めました。現在、大学生で一般社団法人を立ち上げています。 在学中にも起業体験などで社会課題解決のプロジェクトに取り組んできたことが,実社会で実を結んだことをうれしく思います。 *卒業生記事 社会課題の一つとして,多様性を活かすというテーマがあります。先日、 ダイアログミュージアム「対話の森」を体験してきました。以下が、説明です。音のない世界で、言葉の壁を超えた対話を楽しむエンターテイメント、それがダイアログ・イン・サイレンス。体験を案内するのは、音声に頼らず対話をする達人、聴覚障害者のアテンドです。参加者は、音を遮断するヘッドセットを装着し、静寂の中でのコミュニケーションを楽しみます。 見えないからこそ、みえるもの。聞こえないからこそ、聴こえるもの。老いるからこそ、学べること。 目以外の感性を使い楽しむことのできる「ダーク」では、見た目や固定観念から解放された対話を。表情やボディランゲージで楽しむ「サイレンス」では、言語や文化の壁を超えた対話を。そして「タイム」では、年齢や世代を超え、生き方について対話をします。 [gallery columns="5" ids="6904,6901,6902,6900,6903"]   *私が国内委員をやっているユネスコからのお知らせです。「第12回ユネスコスクール全国大会」があります。今年はYouTube Liveを用いたオンライン開催なので、 聴講しやすいと思います。   同年代の全国の生徒さんがどのような課題意識を持っているかを知 る機会になると思います。大会テーマ「2030年 ー学校教育のグランドデザイン― 持続可能な社会を構築するためのESD、SDGs、 ユネスコスクールの役割」 ------------------------------ ------------------------------ ---------------------------○日 時 令和2年12月6日(日)10:00~17:45(予定)○主 催 文部科学省、日本ユネスコ国内委員会○共 催 NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム○後 援(予定) 外務省、環境省ほか○会 場 YouTube Live(参加申込者にURLをご案内します。)○特設サイト http://www.jp-esd.org/ conference2020/○事前参加申込み ※令和2年11月27日(金)締め切りhttps://z108.secure.ne.jp/~ z108019/conference2020/form_ entry2020/   *生徒が文化祭の起業体験でもお世話になった白水先生のご著書の紹介です。 白水 始 著 「対話力」 東洋館出版社

READ MORE
図書室日記

CBLの展示があります

5年生の家庭科の授業で実施されている「CBL」(チームで取り組むプロジェクト学習)。 その活動の中で、5D3班のメンバーから依頼を受け、図書室では展示コーナーを設けています。 メンバーからのメッセージはこちら 5年の家庭科学習のCBLにて、私たちの班は「大人になると学習することをやめてしまう」ことを問題とし、学生のうちに自ら楽しむ力をつける事で大人になっても学習を継続できるのではないかと考えました。 問題の解決として、学習に楽しみを見出してもらうためのきっかけを本で提供します! 今回のテーマは歴史です。世界史と日本史に分け、気軽に楽しめるようなイラストや写真が豊富なものをピックアップしています。 ぜひご覧ください!   日に日に展示がブラッシュアップされています。 おすすめPOPも細かくしっかり書かれていて、つい夢中になって読んでしまいます。   図書室 岩崎

READ MORE
白ばら日記

体育祭

月曜日、体育祭を実施しました。 5月に予定したものを中止し、延期とは言ったものの、コロナ禍の中で果たして行えるのか・・・逡巡しました。 しかし、実行委員たちが諦めず、ウエブ上で「体育祭王」というイベントを行うなど、できないことの多い中、できることを工夫しているのを見て、なんとかして実施したいという思いを強くしました。 幸い、代々木体育館という広い施設が借りられたため、できる限りの感染防止対策をし、保護者の方もお呼びして、実施することができました。実行委員たちが全校生徒に協力を呼びかけるため、決起ビデオも作りました。 時間を短縮し、競技を絞り、マニュアルをすべて作り直し、密にならない工夫をし、マスクをしたまま競技に参加し、パン食い障害物はマジックハンドを使いましたが、それを一回、一回、消毒する生徒を見ていて、涙が出そうになりました。 準備時間も少なかった三年の演舞も素晴らしかったです。みんなの気持ちが一つになって、タイムスケジュール以上に早く進行し、無事、終えることができました。 学校は生徒の安全を守ることが最優先です。そして、その次が学習機会の確保です。授業だけならオンラインでもできるかもしれません。しかし、行事や部活など、集うことで身につく非認知能力(数字ではかりにくい力)の価値は計り知れません。その時にしかできない体験、その年齢でしか身につかない力があり、品女で過ごす6年間の一年一年は二度と戻ってきません。 その大切な行事が、こうして実施できたことは、諦めない生徒たち、生徒のためなら何でもやろうという教職員、いつも応援してくださるご家族のみなさん、協力してくださるすべての品川ファミリーの力だと心から感謝しています。 最後の講評では、この場にいられなかった6年生を思い、みんなで拍手をしました。 体育祭実行委員 開会式 準備体操 徒競走 玉入れ パン食い障害物競走 大縄 ビーチフラッグ 3年演舞 綱引き 借り物競走 メディシングボール ハッとしてピョン 学年対抗リレー 閉会式・6年生のTシャツを着て 総合優勝 5年生表彰

READ MORE
百代の過客

悲願の体育祭

11月16日(月)、5月に実施予定で延期されていた体育祭が実施できました。 密を避けるために、会場は12,000人以上収容できる代々木第一体育館に変更し、午後のみのスケジュールで行いました。1学期から「体育祭王」などの取組を行い、体育祭実施に向けての努力を継続してきた体育祭実行委員会は、種目を縮小したうえに工夫も加えていました。マジックハンドで掴むパン食い競争や、競技が終わるたびに消毒する委員の姿を見ると胸が熱くなりました。これほどの準備をして成功に結びつけたのは、委員一人一人の体育祭にかける想いがあったからこそだと想います。また、多くの保護者の方にもご来場いただき、有り難うございました。   生徒たちもそれに応えて、すべての競技がマスク着用の中、精一杯頑張る姿を見せてくれました。中等部では、3年生が演舞も行った上、準優勝と体育祭を盛り上げてくれました。   そして、見事優勝した5年生。おめでとうございます!委員の中心を担いながらの競技実施は、とても大変だったと思います。しかし、優勝という最高の結果となったことは、とても良かったです。連続優勝を目指して、頑張ってください。   最後に、参加できなかった6年生。皆さんの後輩たちは、先輩の意思をつないで頑張りました。私も「青猿」のTシャツを着て挨拶や表彰式に臨みました。参加できず悔しい気持ちはあったと思いますが、皆さんの気持ちはみんなに届いていると確信します。残り少ない学校生活ですので、後悔の無いよう充実した日々を送ってください。   閉会式後、今回の体育祭を成功に導いてくれた体育祭実行委員長を、理事長先生と私で囲んで記念撮影をしました。本当に、ご苦労様でした。

READ MORE
百代の過客

企業コラボ最終プレゼン

11月4日(水)5・6時間目、中等部3年生による企業コラボ最終プレゼンが第一体育館で行われました。 今年度は、「SEIKO ウオッチ」さんとのコラボで、12チームが代表プレゼンにチャレンジしました。文化祭では来場者に熱く語っていたプレゼンでしたが、今回は簡潔でポイントが絞られたブラッシュアップされたプレゼンでした。どのチームも来年度の起業体験プログラムがとても期待できる内容でした。 結果は、下記の通りでした。 最優秀賞(一位):Dクラス8班 圧倒的ヘアゴム時計 生徒賞(二位):Eクラス7班 Girls Dream Watch 優秀賞2チーム(三位) Dクラス5班:カロリーウオッチ Aクラス4班:Rosetta   最優秀賞を受けた「圧倒的ヘアゴム時計」は私のようなおじさんには思いもつかない内容で、企業側からもその発想力が評価されていました。また、生徒賞の「Girls Dream Watch」は、高校生女子らしい可愛さがありました。 企業側からも発想の良さを評価いただきました。この発想の豊かさを次年度の起業体験プログラムは勿論のこと、その先にあるCBLにも繋げてほしいと思います。ご苦労様でした。

READ MORE
百代の過客

奈良・京都の歩き方

  10月27日(火)、中等部2年の総合学習の時間を借り、来年3月の宿泊行事の事前学習として、標記のタイトルで講演を行いました。 今年の2年生は、反応が大変良く、気持ちよく話をすることができました。奈良・京都の位置や多くの文化財を知っている生徒が多く、1ランク上の宿泊行事ができると思います。 「奈良時代に作られた東大寺ですが、南大門は何故鎌倉時代創建なのでしょうか?」 歴史は暗記することではなく、ストーリーとして理解することが重要です。その際、このように単純な疑問を多く持つことで、興味が持てるようになります。是非とも、宿泊行事には多くの「何故?」を持って臨んでくれることを期待します。 結びに。以下の4点について、期待を込めて話しました。是非とも実践して、充実した宿泊行事にしましょう! ①寺社の時代的変遷や仏像などの文化財が作られた時代背景を考えてみよう! ②京都の伝統や文化を体感するコースを作って班行動をしよう! ③京都の街に興味を持ち、京都の課題を発見してみよう! ④京都の歴史や体験が語れるお土産を持ち帰って、その良さを伝えてみよう!   九条ネギの入った出汁うどんと鯖寿司 孝太郎の酢「Myポン酢作り体験」   私のお勧めは、孝太郎の酢での「Myポン酢つくり体験」です。料理や食文化に興味のある人は、是非チャレンジしてみてください

READ MORE
百代の過客

今年度初めての朝礼

11月4日(水)、今年度初めての朝礼を行いました。2・3年生は放送で行いましたが、1年生は朝礼の経験が無いことから、第一体育館に集まって行いました。 最初は校歌を歌いました。先輩がいない上にマスク姿にも関わらず、多くの生徒の声が体育館に響き渡りました。いつかマスクを外して思いっきり歌う姿が見られる日が来ることを祈っています。   話で取り上げたのは、絵本作家のヨシタケシンスケさんの本です。その場で1年生にヨシタケさんの本を読んだことがあるかを尋ねたところ、8割以上の生徒の手が挙がりました。   ヨシタケさんは、「自分にとっての付加価値は何か」を考えてきたとエッセイの中で述べています。そのため、彼が描いた絵本には、「新しいものの見方の提案」や「人が言いにくい事を面白く伝えられる」といった彼独自のスタイルが込められています。生徒の皆さんにも自分の付加価値を見つけ、それを伸ばして言って貰いたいと思います。

READ MORE
図書室日記

11月の廊下展示

最近、朝夕はめっきり寒くなってまいりました。   図書室は、今日も本の消毒や座席の消毒を続けています。 みなさんが、安心して図書室を利用できるようにしています。   さて、11月の展示を作成しました。 今月の展示のテーマは、『嵐、ありがとう!!』です。 たくさんの感動をありがとうございます!! 嵐のメンバーが出演しているドラマや映画の原作本をずらっと並べました。 興味がある本があったら、手にとってみてくださいね。 図書室 名小路

READ MORE