PRODUCED BY 品川女子学院
白ばら日記

100周年に向けて

いよいよ、来年2025年に、本校は創立100周年を迎えます。同時に、10年以上かけて行ってきた校舎の全面改築も竣工します。これからの100年も品川女子学院学院の教育を継続発展させるため、教育理念に賛同くださり、応援してくださる方(個人・法人は問いません)からのご寄付をお願いすることになりました。ブログの最後に、手続きのご案内があります。品川ファミリーのみなさまにご協力いただけると幸いです。 5月2日は本校の99年目の創立を記念する日でした。朝のHRでは、生徒へ創立の日に寄せたビデオメッセージを生徒に見てもらいました。毎年紹介しているこの写真は、昭和20年代、戦後の日本が復興する時期に学ぼうと本校に集まった先輩方の卒業写真です。いろいろな時代を経て今があります。 後援会からは、校名入りのシャープペンシルをいただきました。 毎年、生徒に渡している活躍する卒業生を紹介するコミック。今年のテーマは「地方で活躍する卒業生」です。 旧東棟校舎のベランダに咲いていた白バラは、鉢に移植して新校舎の職員室ベランダで育てています。今年もきれいに咲きました。 6月15日(土)の15時からは、品川シーズンテラスにて、芳葉会(卒業生の同窓会)が開催されます。 *品川女子学院学院教育活動支援、創立100周年記念事業寄付のお願い 寄付金の目的は、2種類あります。1,生徒の教育活動の充実や教育環境の整備(使途が限定されない一般寄付金)2,創立100周年記念事業及び新校舎の建設(使途が限定される特別寄付金) 2の「創立100周年記念事業及び新校舎の建設」の使途で5口以上の寄付をいただいた方は、寄付者ご本人または在校生・卒業生のご芳名を記した銘板を新校舎に設置いたします。(2027年6月頃予定)  ※税制上の優遇措置本校は、教育又は科学の振興、文化の向上、社会福祉への貢献その他公益増進に著しく寄与する特定公益増進法人に該当します。このため、以下の税法上の優遇措置(寄附金控除)を受けることが可能です。 ※個人の寄付金における優遇措置 確定申告を行うことで、所得税の「税額控除」もしくは「所得控除」、「個人住民税の寄附金税額控除」(本校への寄付金を寄附金税額控除の対象寄付金として条例で指定している場合)の両方を受けることができます。なお、詳細につきましては、お住まいの地域を所管する税務署等でご確認いただくようお願いいたします。 ※法人の寄付金における優遇措置 特定公益増進法人に対する寄付金として、一般寄付金の損金算入限度額とは別枠で損金として算入することができます。 申込はこちら(外部サイト) ご案内(タップ・クリックするとPDFが開きます)本校HPにも掲載しております。

READ MORE
白ばら日記

CBLキックオフ

先日、CBLのキックオフゲストとして、株式会社ビビッドガーデンの代表取締役社長/秋元 里奈さんが講演をしてくださいました。食べチョクのサービスを運営されており、起業に至るまでのお話や社会を変えるアクションについてなどお話ししてくださいました。 実はトライアスロンを一緒にやっており、この記事はこちらの記事からのリレーでした。 食べチョクは私も会員です。きっかけはアニマルウエルフェアに関心を持ったことでした。鶏のケージ飼いが気になって平飼いを買うようにしているのですが、豚もメスだけ妊娠ストールという籠のようなものに入れられ、動けない状態で飼育されていることにショックを受けて。動物は未来を悲観しないので、飼育中のウエルフェアを大切にする生産者さんと直接つながれるシステムに共感しています。 担当の山下から生徒のコメントの紹介です 起業に至るまでのお話や、 実際に起業されてからの困難だったこと、 そしてその乗り越え方など、わかりやすく、 そして熱量いっぱいにお話をして下さり、 とても胸が熱くなりました。生徒たちの感想からも、 秋元様の想いの強さやチャレンジし続ける姿勢に感銘を受けた様子 が伝わってきます。生徒たちの感想を一部ご紹介させていただきます。 生徒の感想の一部です。 ・今文理選択など進路に迷っているので最初は企業に就職して、しばらくしてから違う分野のことで起業したというお話をきいて急 がずに後から変えてもいいのかと少し安心しました。 ・起業に対する壁を低くしていただけたなと感じた。 職場を辞めるという決断もおそらく私には無理だろうし、そこから起業するのも本当にすごいなと思った。少しでもやりたいと思ったことをスルーせずやっていこうと思いま した。 ・何事も理由をつけてやらないのではなく、 多少のリスクがあってもチャレンジしてみることが大事だということがわかりました。 貴重なお話を聞かせてくださりありがとうございました! ・やらない理由は時間が経つほど増えていくという言葉が、 心に残りました。印象に残ったことは、 毎日食べチョクのTシャツを着ているということです。 寝巻きまでそのTシャツを着られていると聞いて、 それだけ仕事に真摯に向き合っていらっしゃるのだなと思いました 。 ・ 私も自分のやりたい事や社会のために解決したい問題を見つけて起 業してみたいと思いました。そして「努力する人」は「 夢中になる人」に勝てないという言葉を私も信じて頑張りたいです。

READ MORE
白ばら日記

日本一早い体育祭

4月25日(木)に、代々木第一体育館で体育祭が開催されました。 毎年ゴールデンウィークの前後に開催されるので「日本一早い体育祭」とも言われることもあります。今年の新入生は入学して15日で当日を迎えました。上級生は前年度から学年リーダーを中心に競技ごとに準備をしていますが、新入生は体育の授業や学年ごとの「体育祭練習日」で教員のバックアップを受けながら練習をしています。 本校の体育祭は学年対抗で、 各学年を1チームとして6チームで競うので真剣勝負。それぞれ学年カラーがあります。今年の6年生は緑、1年生は黄色です。 学年ごとで競う種目の他に、3年生は空手とダンスの演舞、6年生はクラスごとに担任と寸劇やダンスを行う「着付け」もあり、他学年も応援して盛り上がります。 今年は新型コロナの規制が緩和され、「競技者同士が1メートル間隔を取る」ためにできなかった百足競走や、閉会式で皆で歌う校歌も復活しました。マジックハンドでパンを取るパンク食い障害物競走は借り物競走とくっつけて、さらに進化した形になっていました。(コロナ禍での涙ぐましい工夫でしたが、果たしてパンである必要があるのか?というところまで進化していました) 先輩から後輩に引き継がれ、進化し続ける3大行事。次は9月の白ばら祭(文化祭)です。  

READ MORE
白ばら日記

始業式・お知らせ

新学期が始まり、オリエンテーション期間が続きています。入学式、始業式で私からは以下のようなお話をしました。 NHK連続テレビ小説の主人公のモデル、三淵嘉子(みぶち・よしこ)は、大正3年生まれ。本校が創立されたのと近い時代。当時、女性に参政権はなく、弁護士にもなれなかった。その後、日本初の女性弁護士のひとりとなり、女性初の裁判所所長も務めた。 彼女は戦後、日本人で初めて、「原爆投下は国際法で違憲」と言明した。これで思い出したのが、日米開戦を決定したアメリカ下院議会のエピソード。賛成388票は全員男性、反対票は一票で初の女性議員の投じたものだった。 意志決定の場には多様性が必要。本校は、日本のジェンダーギャップ(当時はそのような単語はなかったが)を解消することを目標にして創立されたが、今の日本はどうだろう?ジェンダーギャップは世界125位で最低を更新、特に足を引っ張っているのが政治経済分野で、衆議院の議員比率はいまだに一割程度。私自身も委員会などに出席すると、このような割合を体験し、しかも自分は60代。若い×女性の意見は反映されない。日本企業では女性の声は炭鉱のカナリアという人もいる。 カナリアの一声で、変わるときもある。知人が男性が大多数の記者クラブでタバコを吸う人が多いとき、妊娠している女性記者への影響を伝えたところ、会議室が禁煙になったという。 変わらない時もある。多様性が大事だということはみなわかっているが、自分事になると反対意見は違和感があり、総論賛成各論反対となることもある。 多様性がないところに、大きな不祥事や争いが起き、多様性があるところには、最初のうち小さなもめごとが起きる。それを乗り越えなければいけない。 そのために必要な力は? 品女でつけたい起業マインド、その中で特に「共感力」 日本人初、国連難民高等弁務官を務め、国際的な紛争を収めるため、難民救済に奔走した方です。緒方貞子さんに、中高生のうちに身に着けたい力は?エンパシー共感力 この共感力を、身につけるには三つのステップがある。 1,    Observe(相手をよく見る) 2,    Borrow( 相手の目を借りて見る) 3,    Integrate(自分と人の考えを統合する事で器を広くする) 新学期が始まり、新しい学年、クラス、部活でも立場が変わる。品女ではチームでやることが多く、もめ事も多い。このもめごとが共感力を身に着ける大きなチャンス。 品女生は「平和の使い」として世の役に立てるよう、今年も一年、様々なもめごとを経験し、成長してくれること願っている。そして、そのチャンスになるような機会を提供していきたい。 校長からはNYUに留学中の卒業生のエピソード 生徒提案企画のスラックスの制服も 表彰です。 <中等部> 【ECC 部】第 7 回 PDA 中学生即興型英語ディベート全国大会ベスト POI 賞 <高等部> 【CBL】第 6 回 Change Maker Awards 全国大会出場 1年生のオリエンテーションでも話をしました。 今の校舎は、一学年が一つのフロア、廊下スペースが広く、学年集会がその場でできます。 ※クリックで拡大します *お知らせ 舞台『ワインガールズ』子供鑑賞体験会 高校生以下無料招待の案内です。   ※クリックで拡大します 無料招待希望の場合は左記の詳細をご確認ください。 ※クリックで拡大します *東京大学グローバル消費インテリジェンス寄付講座の申込期間が、再度延長されたので再掲します。尚、今回が最後の受講申込期限の延長だそうです。 東京大学グローバル消費インテリジェンス寄付講座のご案内です。 <申込み方法>申込開始: 2024年3月19日(火) 13:00申込締切: 2024年4月5日(金) 13:00 (ID登録締切:2024年4月3日(水) 13:00)申込締切:2024年4月12日(金) 13:00(ID登録締切:2024年4月10日(水) 13:00)申込締切:2024年4月19日(金) 13:00(ID登録締切:2024年4月17日(水) 13:00)※学生枠のみ申込期限延長※講座申込みには事前にID登録が必要です。※申込には、WebブラウザとしてGoogle Chromeをお使いください。(Microsoft Edge他非対応) 詳細はHPをご確認ください。

READ MORE
白ばら日記

2024 入学式

昨日は入学式を行いました。 校長と卒業記念品の校旗 私は桜の着物で 私からは、ジェンダーギャップ、多様性、緒方貞子さんから伺ったエンパシーの必要性などについて、本校の歴史や目標と合わせてお話ししました。 質問したら元気に挙手してくれました。     花はフラワーアレンジ部 校歌独唱と伴奏は5年生。拍手が起こりました。 式の後は各クラスで担任からお話 今年は机をグループに これから6年間、たくさんの失敗ともめごとを経験し、 様々なことにチャレンジして、校歌にうたわれた「平和の使い」 として社会にはばたくその日まで、品女生活をエンジョイしてほしいです。

READ MORE
白ばら日記

小学生向けの特別授業

青空、夜空、いろいろな時間を背景に今年は桜を楽しませてもらいました。 生徒が主催する特別講座も増えてきましたが、これは、生徒が小学生向けに実施した特別授業です。CBLなどプロジェクト学習をきっかけに社会課題解決に向けて一歩踏み出し、それを継続するために進路を選び、大学でも活動を続ける子もでてきました。本校は多くの校外の皆さんのお力を借りて生徒たちが様々な体験をさせていただいています。そうしたことをきっかけに、いつか社会に学びを還元してくれることを願っています。在学中にもこうして社会にお返ししてくれること、うれしく思っています。 担当の岩崎より以下報告です。 このチームは、ジェンダーをテーマに活動しています。 資料によって知識を深め、アンケートによる現状調査を進めてきました。その中で「ジェンダーについて正しい知識を得られる機会が少ないのではないか」という仮説を立て、解決策の実行へと模索していきました。 今回はその解決策として、小学生向けの簡易授業を開くことを企画しました。班員が小学生の時に教えられる機会がなかったが、小学生のうちに知っておくことで、当事者の人への偏見や、自分が当事者になった時、素直に自分のことを受け止められるようになるのではないか、と考えたことがこの企画の原点です。せっかく時間を割いて来ていただくので、品女のことも知ってもらおう!ということで生徒による校内案内や、質問タイムなども設けました。 まず最初に少人数で校内案内を行いました。生徒目線の案内なので、教職員もなるほどと思うコメントが多くありました。続いて実際の簡易授業です。授業内では親子で話し合ってもらう時間を適宜設け、小学生でもわかりやすいように工夫していました。終了後に質問時間を設け、授業のことだけではなく、品女の生活に関して自由に質問できるようにしました。 最初の校内見学では緊張していた生徒たちも、簡易授業まで終わるとやりきった!という表情を見せていました。いただいたアンケートをもとに、さらなるやる気をみなぎらせておりました。 企画した生徒たちの感想です。 小学生や保護者の方が感想で『授業内に出てきた単語について興味を持ったため今後調べてみたい』や、『理解が深まった』と書いてくれたことや、『品女に入りたい』と言ってくれた子がたくさんいたのが嬉しかったです! お越しくださった小学生と保護者の皆様、本当にありがとうございました。

READ MORE
白ばら日記

特別講座シリーズ「古着を生まれ変わらせよう」

椿って、冬咲くものと思っていたら、この季節に満開も。 これは、珍しい紅白で、速水御舟の絵のモデルとされているそうです。 卒業生が開いてくれた特別講座の紹介です。 教頭の窪田より、以下報告です。 ************* 特別講座「古着を生まれ変わらせよう」を開催しました。 この講座は、この春卒業の75期卒業生が起業した、教育によるキャリア支援をする会社が企画した特別講座の第2弾です。 今回は、大学生が中心となって立ち上げた「carutena」というブランドの皆様とコラボして実施しました。「carutena」は、服の大量廃棄問題を解決するために、回収した古着を小物商品へとリメイクし販売しています。参加したのは1~3年生、小規模ながら充実した講座が展開されました。 前半は、服の大量廃棄が引き起こす、環境問題・労働問題について学ぶ講義です。 服が大量廃棄されている現状と、服の生産にどれだけの資源・エネルギーが使用されているかということ、ファストファッションというブランドの形態が、製造国の労働者の劣悪な労働環境や業務中の事故を引き起こしたこと、地球環境問題を一段と悪化させていることについて学びました。その中でメンバーの一人が実際にバングラデシュに行った模様を写真や映像で説明してくれたことは、実感が伴い現実味を帯びて伝わってきました。 後半はいよいよ、制作に入ります。古着を使ってシュシュ(ヘアアクセサリー)を作る作業です。 生徒が家から不要な服(Tシャツなど)を持参し、材料の布とゴムを使って手縫いとミシンで制作を進めます。贅沢にも生徒一人につき、お一人が講師として教えてくださいました。生徒はとても熱心に制作にあたり、着々と作業を進めていきました。 そして最終的にとてもかわいいシュシュができあがりました!制作が早い人は短時間で2つも完成していました。 最後にまとめをした後、記念撮影です。それぞれデザインが違うシュシュが、皆とてもかわいく似合っていました。自分がつくったものを持ち帰れると、見る度に受けた授業の内容を思い出すことができ、授業の効果が持続しますね。生徒とcarutenaの皆様の双方がとても嬉しそうにしていたのが印象的でした。 生徒の感想からです。 「初めはシュシュが作れるからという理由で参加したけど、服の大量廃棄や、普段着ている服はリメイクできることを知って、今度からは古着を縫って服などを作ろうと思った」 「1対1で丁寧に優しく教えてくれてわかりやすかったです。雑談もしてくれて楽しい雰囲気で作業できたので楽しめました!」 carutenaの皆さん、卒業生の皆さん、ありがとうございました。   *carutena  ブランドサイトhttps://carutena.com/ 常時古着の回収と外部からの制作協力を募集しているそうです。

READ MORE
白ばら日記

特別講座シリーズ 順天堂大学

街で見かけた梅。紅白が混じっていて、調べたら「思いのまま」という名前(品種?)だそうです。自由な色に咲き誇っている感じで素敵ですね。 卒業生の中には医療系に進む人もいます。順天堂大学医療看護学部の先生方をお招きし、特別講座「看護とは大学での学びとは?」を実施しました。担当の先生とのやりとりで、卒業生が病連長になっていると聞きました。小学生の時、たまたま私がバスケット部の練習を見ているとき学校見学にきたので、ジャージ姿で案内したこと覚えています。通学時間の長い地域から登校し、6年間一日も休まず卒業し看護師になりました。その後、28歳ホームカミングデーのときだったか、さらに看護の勉強を進めるために大学院に通っているといっていました。様々な分野での活躍のニュースを聞くときが、教員にとって最もうれしい瞬間です。 担当の斉藤より以下、当日の報告です。具体的なお話をいろいろいただきました。 1.看護師の仕事とはどんなものでしょうか?  皆さんのイメージしてる看護師とは? →やはり病院で働く、というイメージが強いと思いますが、  実は病院以外でも様々な場所で看護師は活躍しています。  また、海外では日本とは看護師の役割の範囲が異なることも  少なくありません。 2.様々な看護職を知ろう1)看護職には沢山の種類があります →単に「正看護師」「准看護師」だけでなく、  「保健師」「助産師」「認定看護師」「特定看護師」など  実は沢山の種類があります。2)様々な場で活躍する看護職 →病院だけではありません。  保健所、学校の保健室の先生、老人福祉施設、  最近は会社で働くケースも増加。 3.数字で見る世界の看護職 →全世界で医療に携わる人のうち、約59%が看護師。  いわゆる先進国では看護師も多いが、医療が未発達の国では  看護師の割合も少ない。  また国によっては看護師だけでなく医師であっても社会的地位が低 い国もある。 4.看護大学で学ぶ →順天堂大学の医療看護学部を例に、  大学で看護を学ぶとはどういうことかを教えていただきました。  順天堂大学では、保健師(人数制限なし)、助産師( 10名程度選抜)の資格を  取得することも可能です。 5.質疑応答 「看護職に向いている人はどのような人ですか」 →特にこれがなきゃダメ、ということはありません。  ただ人と普通にコミュニケーションが取れないと難しいですね。 「看護職で一番大変だったことは何ですか」 →1つの病院の中に色々な感情の方がいることがあるので、  自分の気持ちをコントロールするのが大変だったりもします。 「夜勤はどんな感じですか」 →患者さんは寝ているときに体調が急変することがあるので、  それらをすぐに察知することに気を配ります。  あと、夜勤は自分自身の体調をコントロールするのも大変なので、  看護師自身が負担になることもあります。  (その分お手当が良かったりすることもあります) 「看護師を目指すにあたり、 何か在学中にやっておいたほうがいいことはありますか」 →勉強をしてください。 →自分のことは自分でできるようにしてください。  朝は自分で起きられるように。 お2人の先生からお話しをいただき、 そのあとたっぷり時間をとって質疑応答をしていただきました。参加した生徒は看護学部を志望している生徒も多かったので、メモを取りながら先生の話を熱心に聞いていました。質問も沢山出てきて、先生も熱心に答えていただきました。生徒にとって実りの多い会になったと思います。 *東京大学グローバル消費インテリジェンス寄付講座の申込期間が延長されたので再掲します。 東京大学グローバル消費インテリジェンス寄付講座のご案内です。 <申込み方法>申込開始: 2024年3月19日(火) 13:00申込締切: 2024年4月5日(金) 13:00 (ID登録締切:2024年4月3日(水) 13:00)申込締切:2024年4月12日(金) 13:00(ID登録締切:2024年4月10日(水) 13:00)※学生枠のみ申込期限延長※講座申し込みには事前にID登録が必要です。※申込には、WebブラウザとしてGoogle Chromeをお使いください。(Microsoft Edge他非対応) 詳細はHPをご確認ください。

READ MORE
白ばら日記

特別講座シリーズ 四季倶楽部コラボ

柳と枝垂桜が重なって、きれいだったので、思わず写真を撮りました。   特別講座シリーズです。四季倶楽部さんとはもう11年もコラボレーションさせていただいています。最初のころの生徒たちはすでに社会人になっています。卒業生が特別講座を開催してくれることも多くなり、こうした経験が未来につながっていくことを感じています。 顧問の山下、江草より以下報告です。 四季倶楽部様にクッキング部特別講座のご協力をしていただくようになり、11年がたちました。 毎年2回、最上級生がイタリアンのフルコースのメニューを考え提案しています。プレゼンの後には、よりメニューを美味しくするシェフの工夫や一手間を教えていただいています。 来年度は12年目。次の最上級生も「今年は自分たちが考える番!」と楽しみに活動しております。 今年度のクッキング部のテーマは「盛り付け」 いつものメニューに一手間加えることで、見てワクワクしたり、つい「可愛い…」と声が漏れてしまう、そんなメニューに挑戦してきました。 そこで、今年度の四季倶楽部様へ提案するメニューにも、サブテーマとして「可愛い」を散りばめることにしました。 春夏メニューでは、メインテーマはワクワクさせる「食感」 シャキシャキやとろとろ、サクサクやふわふわ、じゅわっとした食感を楽しめるよう、メニューを考えました。中でも生徒に人気があったのは、栄養満点のとろっと食感を味わえる夏野菜リゾットと、夏らしくガッツリ食べられるスペアリブ、中からチーズがジュワッと出てくるミートボールでした。 四季倶楽部様にご意見いただき、野菜を先に炒めるとより甘さや旨みを感じられるリゾットができることを知りました。 そしてサブテーマの「うさぎ」をメニューの至る所に忍ばせています。 お気づきでしょうか? うさぎがにんじんを食べているようなイメージのポテトサラダや、型抜きされたにんじんやハムを浮かべたり、レモンをうさぎの形にカットしたりしています。 そして締めのデザートはうさぎの耳付きキャロットケーキと、うさぎがひょっこり顔をだすカンノーリを提案させていただきました。 四季倶楽部様にも全メニューを通して、目からも「うさぎ」の登場を楽しめそうだと、お褒めの言葉をいただきました。 秋冬メニューではメインテーマは「体が温まる食事」 冬ならではの温かいメニュー、そしてクリスマスや年越しといったお祝いのイメージを元にメニューを考案しました。 鮭とほうれん草のテリーヌをクリスマスのイメージの配色にしたり、温野菜サラダをツリーの形にしたりと冬を連想させるモチーフも取り入れています。 1年に2回、フルコースのメニューを考える中で、初めて知ることがたくさんあります。季節の食材が何か調べて、実際に野菜や魚を探しに行くことも普段なかなかない経験です。また、全体を通してテーマを統一したり、食材のバランスを考える難しさも知ることができました。 こうした機会を大切に、次年度のクッキング部もさらに新しいメニューを取り入れながら活動していきたいと思います。

READ MORE