WHY A GIRL'S SCHOOL?なぜ女子校か

If we make a graph that indicates the percentage of working women in Japan, it looks like the letter "M." This means many working women are inclined to quit their jobs around 28 years old and return to work after they give birth to their children. Some of the reasons for this tendency are that we are short of child care facilities and most companies do not allow new mothers to work part time while they are raising their babies. Even when these women try to restart their jobs, it is difficult for them to go back to the company they used to work for or to get the same position they used to have. Therefore, many young mothers think it's very hard to work and raise their children at the same time. This is a very big problem in our society, and I insist that this problem be resolved in the very near future.
Japanese men wouldn't make an M-curve on a similar graph. Therefore, women need to know while they are young that their turning point will come around the age of 28. We, as educators, should make them think about their future. I think girls' schools are more appropriate than co-ed schools, and I think girls should learn many things during their junior and senior high school years. I think my duty as a principal is to make my girls plan out their own future so that they won't have any regrets when they turn 28.


各国の女性が働いている割合を縦軸に年齢を横軸にグラフを作ると、日本は、M字カーブと呼ばれるような、真ん中がへこんだグラフになる特徴があります。これは、働き出した女性の多くが途中でやめて、やめた人達が、ある年齢に近づくとまた働き出していることを示しています。これは、日本の女性は、結婚や出産によって、働くことを一時やめていることを示しており、28歳くらいでグラフの減少がはじまります。日本では、子供を預かる施設が不足している、労働時間の短縮などが難しいなどの問題があり、出産と子育てと仕事の継続の両立が難しいという現実があり、日本女性の28歳のターニングポイントは、今後改善されなくてはならない問題と考えています。そして、仕事を辞めた女性は、子育てが一段落してから改めて仕事を持つことになるため、グラフは、Mの字のように真ん中がへこんだカーブをえがくことになります。しかし、多くの女性は、もとの職場に戻ることはできない現状があり、こちらも大きな問題と考えています。
日本の男性で同じグラフを作成しても、このようなM字カーブにはなりません。したがって、女性は、男性には訪れない28歳頃に訪れる人生のターニングポイントを、早い時期に知って、自分の将来を考えさせることが重要だと考えます。その早い時期が多くのことを学び、自分の将来を夢見る中学校と高校の時期と私は考えます。そして、どのようなタイプの学校が有効かと考えると、私は、共学校より女子校が適していると考えています。28歳のターニングポイントで、後悔しない判断ができるように人生設計を考えることこそ、私が校長を務める女子校で生徒達に伝えていきたいことになっています。